ホーム > ほこたんブログ > 名古屋市科学館 「恐竜の大移動」

ほこたんブログ

名古屋市科学館 「恐竜の大移動」

 

こんにちは。ほこたんでするんるん
だんだんとあたたかくなってきて、お出かけしやすい季節になりましたね。

ほこたんは3月18日から名古屋市科学館で開催されている「恐竜の大移動」展の内覧会に行ってきましたよムード


「恐竜の大移動」展は、アジアに生息していた恐竜たちが進化を遂げながら北米へと大移動した足跡をたどる展覧会ですぴかぴか (新しい)

今回はその見どころを3つご紹介します(*^_^*)ほこほこ

 

 

見どころ その①
ほぼ実物大の全身骨格!


人気の恐竜・ティラノサウルスやトリケラトプスはもちろん、アジアや北米で発見された多数の恐竜の全身骨格が展示されています。
恐竜の大きさや、からだのつくりがよーーくわかるよexclamation

 



こんなに大きな恐竜が現れたら・・・ほこたん逃げられるかなぁあせあせ (飛び散る汗)

 

標本の近くにはイラストや映像もあって、恐竜たちがどんな風に動いていたかイメージできるようになっていますぴかぴか (新しい)



恐竜たちが住んでいた世界を想像するとわくわくするね!



標本はいろんな角度から観察できるよ。たとえばこんな風に口の中をのぞいてみると・・・

丈夫なアゴにびっしりと生えた鋭い歯!
これはティラノサウルスの頭。こんな大きな口を開けられたら、びっくりしてうろこが取れちゃうほこあせあせ (飛び散る汗)ダッシュ (走り出すさま)



見どころその②
恐竜進化の過程がよくわかる!


今回の展示は、まだすべての大陸がつながっていた時代・三畳紀から始まります。
恐竜の祖先から順に並べられているから、骨格の特徴が受け継がれる様子や、発達してより強い体になっていく様子などが見てとれるよ手 (チョキ)


中にはこんなに小さな恐竜も・・・

 

「わー!逃げてーー!」

 

 

これは世界最古の角竜・インロンの化石。
長い時を超えて出てくるなんてすごい!

 

こちらは角竜類の頭たち。フリルや角の形にもいろんなものがあったんだね。
なんでこの形になったのかにも注目してみてねひらめき




見どころその③
大迫力!動く、鳴く、恐竜ロボット!


「ぐぉおおーーー・・・うぉぉおおーーー・・・」

会場に響き渡るこの声は?!

日本で初公開となるビスタヒエヴェルソルのほぼ実物大恐竜ロボットが登場!

鳴いて動いて、まるで本物がそこにいるみたい!
かっこいいほこ~~ハートたち (複数ハート)


恐竜たちが目の前にいるような大迫力!ぜひ「恐竜の大移動」展に足をはこんでみてくださいムード
5月28日(日)まで名古屋市科学館で開催中です。


ー (長音記号1)ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1)ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1)ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1)ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1)ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1)

特別展「恐竜の大移動」
期間:3月18日(土)~5月28日(日)
場所:名古屋市科学館
時間:9:30~17:00
詳細情報はこちら⇒http://www.nagoya-info.jp/event/center/post_655.html

ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1)ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1)ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1)ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1)ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1) ー (長音記号1)

ほこたんブログトップへ戻る

ほこたんブログ

Loading
ほこたんプロフィール
趣味
名古屋の街歩き、食べ歩き
好きな食べ物
鉄板スパゲティ
好きなスポーツ
潜水。金なので重いです。
浮かばない^_^;
好きな場所
名古屋城の屋根の上
好きな動物
名古屋港水族館のシャチさん
好きな休日の過ごし方
喫茶店でモーニング
尊敬する人
イラストレーターの茶畑和也さん

アーカイブ

Page Top