ホーム > 教育旅行 > 観光モデルコース > 貿易額日本一の名古屋港とJR東海の リニア・鉄道館コース

貿易額日本一の名古屋港とJR東海の リニア・鉄道館コース

所要時間 5時間
出発 名古屋駅 名古屋港水族館(1時間半) リニア・鉄道館(1時間30分) 到着
出発 名古屋駅
地下鉄30分「東山線名古屋-栄(名城線に乗り換え)-名古屋港」 徒歩5分

名古屋港水族館(1時間半)

南館では「南極への旅」テーマとして、南極観測船「ふじ」が日本から南極へ至るコースに沿って5つの水域の生物の棲む自然環境を再現。北館では「35億年 はるかなる旅」をテーマに、バンドウイルカやベルーガなど飼育展示。約3,000人収容のスタンドを設置した世界最大級のメインプールでは、生態や行動を より深く理解できるようにパフォーマンスを実施。

施設詳細ページへ

徒歩5分-地下鉄25分「名古屋港(名城線右回り)-栄乗り換え東山線-名古屋」 あおなみ線24分「名古屋-金城ふ頭」-徒歩2分 
又は土日祝日のみ運行の水上バス(名古屋港ー金城ふ頭 所要25分 1日5往復運航)もあります。

リニア・鉄道館(1時間30分)

平成23年3月14日にオープンした。東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの車両展示を通じて、「高速鉄道技術の進歩」を紹介。
精緻な鉄道ジオラマや新幹線の運転シミュレータなどもあり、鉄道のしくみや発展の歴史を楽しみながら学べる。

施設詳細ページへ

徒歩2分-あおなみ線24分「金城ふ頭-名古屋」 

到着 名古屋駅
観光モデルコースのトップへ戻る
Page Top