ホーム > なごやめしを食べる > おすすめなごやめし | 名古屋コーチン

名古屋コーチン

コクのある味わい、多彩な食べ方、日本3大地鶏の一つ「名古屋コーチン」

日本3大地鶏の一つ「名古屋コーチン」は、尾張の地鶏と中国(当時清国)の地鶏のバフコーチンから誕生しました。名古屋コーチンは、赤みを帯びた肉に適度に香りの良い脂肪で歯ごたえがよく、コクのある味が堪能できます。卵は、桜色をした卵殻が特徴で、卵黄は色濃く、滑らかでコクのある味は肉と同じく美味です。
この名古屋コーチンを食材とした料理は幅広く、「ひきずり」と呼ばれるすき焼き、たたき、霜降り、鍋、親子丼から名古屋めしの一つ手羽先まで、多彩な食べ方ができ、それぞれちがった名古屋コーチンが堪能できます。今では、高級食材の一つとされ、全国的に有名となりました。

名古屋コーチンのおいしさを楽しむための取扱説明書『とりせつ』が発行されました。
名古屋コーチン協会ホームページ(外部リンク)よりご覧ください。

店舗一覧

最初のページへ 1 2
なごやめしを食べるトップへ戻る
Page Top