ホーム > なごや今昔紀行 > 白壁エリア

白壁エリア

明治から昭和初期にかけての情緒を感じられるよ!
尾張藩の中級武家屋敷が集まったこの地域は、明治になると、名古屋財界人の邸宅が立ち並ぶようになったんだ。戦災を免れ、名古屋が次第に近代化していった姿を今に残してるよ。現在は一帯を「文化のみち」と呼んで、建築遺産の保存と活用がすすめられているんだ。明治から昭和初期にかけてのロマンを見学したり、鑑賞したり、食事したり、休憩したり、いろんな形で体感してね♪
東区白壁エリア
  • 現存する名古屋最古の教会 カトリック主税町教会(ちからまちきょうかい)
  • 大正時代の豪壮な和洋折衷屋敷を復元 文化のみち 二葉館(ふたばかん)
  • 陶磁器の輸出で成功した実業家のお屋敷 文化のみち 撞木館(しゅもくかん)
  • 江戸時代の屏風を表現した庭園とピアノ演奏 文化のみち 百花百草(ひゃっかひゃくそう)
  • 唯一現存する豊田一族の邸宅 旧豊田佐助邸(きゅうとよださすけてい)
  • 洋風数奇屋造りの邸宅で創作フレンチ 旧春田鉄次郎邸(きゅうはるたてつじろうてい)
  • 裁判所であった当時の姿を再現 名古屋市市政資料館
  • 1,000坪の敷地を有する名古屋屈指の料亭 料亭か茂免(かもめ)
  • 古民家で味わう旬のイタリアン Antichi(アンティキ)
  • 特選飛騨牛と自然薯とろろを味わえます 舎人庵とんぼ(とねりあん)

アクセスマップ

なごや今昔紀行のトップへ戻る
Page Top