HOME > 主な支援作品 > SP革命編

主な支援作品

映画SP革命編

「SP 革命篇」3月12日(土)より公開

なごや・ロケーション・ナビがロケ地交渉はじめ、ボランティアエキストラの募集・派遣などで支援した「SP 革命篇」(東宝配給)が3月12日(土)より公開されます。

今回のロケ地は名古屋市役所。テロリストに占拠される国会議事堂という設定で撮影が行われました。撮影したのは昨年の2月下旬。準備1日と撮影2 日間で行われ、警護課第四係機動警護班の主要メンバーが名古屋市役所に登場し撮影が行われました。撮影場所としては、市役所の本庁舎正面エントランスや1 階の廊下・渡り廊下、東庁舎1階のエントランスなどで撮影を行い、議事堂に訪れる見学者のチェックのための金属探知機や、国会議事堂のポスターなどを設 置。他にも廊下には赤絨毯が引かれ、照明器具も国会議事堂のように装飾されるなど、細かな部分まで飾り込む手の込んだ撮影となりました。 また、ボラン ティアエキストラの方も多数参加頂いております。

 
撮影風景

今回は更に、岡田准一さん・堤真一さん・真木よう子さん・松尾諭さんの4名が映画のプロモーションで、名古屋市役所に再度訪れ、合同取材が行われるなど、新聞やテレビでご覧になった方も多いのではないでしょうか。


3月7日(月)中日新聞(朝)掲載

<作品情報>
「最終任務-この国を警護せよ!」
テレビシリーズ、「野望篇」に続き、「革命篇」が遂に完成。20年前の「惨劇の広場」まで遡る謎に包まれた尾形の「野望」。そして井上の「願い」。 政権の長として権力を握る麻田総理、その座を狙う幹事長・伊達、警察内部に深く潜む影、強固な官僚国家を目指す若き策略家たち、力によってシステムを変え ようと画策するテロリスト、命をかけて職務を全うする第四係のSPたち。様々な思惑が、大きなうねりとなって重なり合う「SP」シリーズがついに運命の最 終章を迎える! シリーズを見ている人も見ていない人もこのこの映画は絶対楽しめる!是非ご覧ください。

 
(C)2011「SP」プロジェクトチーム

公開:2011年3月12日(土) 全国ロードショー
出演:井上 薫・・・岡田准一
   尾形総一郎・・・堤 真一
   笹本絵里・・・真木よう子
   山本隆文・・・松尾 諭
   石田光男・・・神尾 佑
   伊達國雄・・・香川照之 他
監督:波多野貴文
配給:東宝

主な支援作品のトップへ戻る