ホーム > 名古屋を知る > 識る > 冷やし中華とマヨネーズ

冷やし中華とマヨネーズ

皆さんは、冷やし中華にマヨネーズをつけて食べますか?
名古屋では冷やし中華にマヨネーズをつけて食べる習慣があります。飲食店で冷やし中華を注文するとマヨネーズがついてきますし、コンビニで冷やし中華を購入してもマヨネーズの袋がついてきます。
この習慣は、やはりこの地域に根付いた食文化にあると思われます。名古屋では、地元のラーメン店『スガキヤ』さんが有名です。
昭和32年、当時の商品開発担当者が温かいラーメンスープにマヨネーズを溶かした上で冷やし、「冷やしラーメン」として売り出したのが始まりだそうです。
そして、昭和40年頃には、現在の汁のない「冷やし中華」にマヨネーズを加えるスタイルに変わったそうです。
名古屋以外に山形でもこの習慣があるそうですが、元祖は名古屋のようです。
現在では、このスタイルが全国的に広がってきています。

※写真はイメージであり、スガキヤの冷し中華とは異なります。

識るへ戻る

名古屋を知る

  • 歴史
  • 産業
  • 食
  • 識る
  • 必見

プレミアムチョイス!(PR)

広告募集中
Page Top