ホーム > 名古屋を知る > 識る > 名古屋と味噌の関係

名古屋と味噌の関係

名古屋名物と言えば、「味噌カツ」、「味噌煮込みうどん」、「味噌おでん」、「どて煮」と味噌の名のつくものが多いと思いませんか?
名古屋の味噌は、一般に「赤味噌」と言われていますが、実は、「赤味噌」には大豆100%で造る「豆味噌」と、大豆に米麹を入れる「米味噌」があります。  もちろん、名古屋の「赤味噌」とは、「豆味噌」を指し、色が赤褐色で濃いのが特徴です。この「豆味噌」を使っているのは全国でも東海三県(愛知、岐阜、三重)のみです。この東海三県以外で使っている「赤味噌」というのは「米味噌」を指し、「豆味噌」ほど色が濃くなく、味も甘いです。味噌の本場である岡崎出身の徳川家康が天下人となり江戸開府したのに、この「豆味噌」が全国的に広がっていないのは不思議なことです。
また、名古屋の家庭の味噌汁ももちろん「赤味噌」ですが、実は、この「豆味噌」に調味料、砂糖等の糖分を加えた「赤だし味噌」を使うのが主流になっています。でも、この「赤だし味噌」も、「豆味噌」100%を使っているのには変わりありません。

識るへ戻る

名古屋を知る

  • 歴史
  • 産業
  • 食
  • 識る
  • 必見

プレミアムチョイス!(PR)

広告募集中
Page Top