ホーム > 名古屋を知る > 識る > 名古屋人は"小倉あん"がお好き

名古屋人は"小倉あん"がお好き

名古屋市はまんじゅう消費量が高く、少し前まで政令指定都市の中でも上位にランクしていました。最近では洋風スイーツの勢いに押され気味ですが、名古屋っ子の小倉あん好きには変わりはありません。
名古屋名物の一つとして認知されているバタートーストに小倉あんを挟んだ「小倉トースト」は、遡ること80年ほど前に、喫茶店「満つ葉」(現在は閉店)で生まれた。このミスマッチで美味しい新メニューは喫茶店の多い名古屋で直ぐ様、浸透したようです。
現在では、名古屋の喫茶店定番メニューと言っても過言ではありません。
他には、“おしるこ”をビスケットでサンドした「しるこサンド」、コッペパンに挟んだ“小倉あん”と“マーガリン”の味が絶妙にマッチした「小倉&ネオマーガリン」などと名古屋には“小倉あん”を使ったおやつがたくさん。
豆知識として、小豆にはむくみ解消・ダイエット効果のあるサポニン、疲労回復効果のビタミンB1、皮膚を美しくするビタミンB2が豊富で体に嬉しい食べ物と言えます。

識るへ戻る

名古屋を知る

  • 歴史
  • 産業
  • 食
  • 識る
  • 必見

プレミアムチョイス!(PR)

広告募集中
Page Top