ホーム > 名古屋を知る > 識る > スーパー銭湯

スーパー銭湯

スーパー銭湯発祥の地は、名古屋とよく耳にしますが本当に名古屋が発祥の地なのでしょうか?
他にも大阪や北陸が発祥の地とする説もあります。実際は、というと、現在のスーパー銭湯の原型となるビジネスモデルを確立したのが名古屋であり、大型入浴施設の第一号は1985年に開業した富山県高岡市と言われています。その後1987年に大阪府豊中市で、1990年に名古屋市守山区の「竜泉寺の湯」が開業。「竜泉寺の湯」が名古屋のスーパー銭湯の第一号です。名古屋がスーパー銭湯発祥の地と呼ばれた要因は、銭湯なみの料金で、サウナはもちろん健康ランド並みの種類のお風呂も楽しめるというシステムを確立させたことにあるのでしょう。
名古屋市郊外に行くとたくさんスーパー銭湯を見かけます。
名古屋人の大好きな『お値打ち』に楽しめるスーパー銭湯、皆さんもリフレッシュするためにたまには大きなお風呂でのんびりしてみてはいかかでしょうか。

識るへ戻る

名古屋を知る

  • 歴史
  • 産業
  • 食
  • 識る
  • 必見

プレミアムチョイス!(PR)

広告募集中
Page Top