ホーム > 名古屋を知る > 識る > 名古屋名物「ういろう」

名古屋名物「ういろう」

「ういろう」は名古屋名物として知名度が高いが、実は、「ういろう」は小田原が発祥の地です。「ういろう」は元々、平安時代から作られていた漢方薬。その後、室町時代に菓子にもなりました。そもそも「ういろう」は外郎(ういろう)家が代々作り続けています。
お菓子の「ういろう」は、薬を買いにきたお客にお茶菓子として出していたもので、売り物ではありませんでした。ところが、江戸時代、お菓子の「ういろう」の評判を聞きつけた他の店が、「ういろう」を売り始め、現在では名古屋の名物になってしまいました。
名古屋の「ういろう」が初めて作られたのは、1659年と言われています。名古屋の「ういろう」の特徴は、米粉、砂糖、水のみで作られ、甘みも少なく、もちもち感がしっかりしています。その日の温度や湿度で配分が変わるため、熟練の技が必要とされます。

識るへ戻る

名古屋を知る

  • 歴史
  • 産業
  • 食
  • 識る
  • 必見

プレミアムチョイス!(PR)

広告募集中
Page Top