ホーム > 観る・遊ぶ > 羊神社

羊神社

社名の由来 群馬県多野郡芳井町にある「多胡碑」に刻されている「羊太夫」(多胡群の領主)が、奈良の都へ上る時に立ち寄っていたゆかりの屋敷が、この地(現辻町)にあり、この土地の人々が平和に暮らせるため「人心を安らかに」という願いを込めた羊太夫が、火の神を祀ったといわれ、羊神社と呼び称えるようになったと伝えられている。
地名の由来 鎮座地辻町は、尾張志に「今、村の名を辻といえるは羊の省かりたるやとそ」尾張国地名考に「住昔火辻村といひしを後世火の字を忌て単に辻村といふ」と記されている。

創立年月日は不詳なれど延喜式神名帳に「尾張の国山田郡羊神社」と記されていることから1,000年以上の古社である。

施設詳細

住所名古屋市北区辻町五丁目26番地
エリア北部エリア
交通手段名古屋市営地下鉄「上飯田」駅徒歩5分
TEL052-912-0063 (英語での問い合わせ否)
FAX
営業時間-
休館日無休
利用料金無料
駐車場専用駐車場無し
ホームページ -

アクセスマップ

Loading
元のページへ戻る
観る・遊ぶのトップへ戻る
Page Top