ホーム > 特集記事 > 和菓子でめぐる尾張名所図会

特集記事

和菓子でめぐる尾張名所図会

名古屋の伝統文化をまちなかで体感するイベント「やっとかめ文化祭」。
そのなかで『和菓子でめぐる尾張名所図会』という企画が開催されています。
11月23日まで名古屋が誇る下記の和菓子屋さんで、
江戸時代の観光ガイドブック「尾張名所図会」にちなんだ特別な御菓子を購入することができます!
期間限定です。お早目にお買い求めください。

尾張菓子きた川

七尾の天神様
250円
七尾天神社に祭られている菅原道真公にちなみ、梅の花を型押ししたミルクたっぷりの乳菓です。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市北区大杉3-14-7
TEL:052-911-3710
月曜日・水曜日~土曜日:8:30~19:30(11月~2月は18:30まで)
日曜日・祝日:8:30~15:00
定休日:火

覚王山 不老園

月見坂
750円
月見の名所にちなんで、「黄色の名月」「夜の風景」「昼の風景」の3種の上生菓子を仕上げました。三様の美しい名月をお楽しみください。

名古屋市千種区末盛通1-31
TEL:052-751-6232
8:00~19:30
定休日:日曜日

尾張名古屋 亀屋芳広本店

名古屋めぐり
730円
粒餡をやわらかな求肥で包み、黄な粉でまぶした伝統銘菓、籠は当時の渡し船を表しています。銘菓入り「名古屋めぐり」をどうぞ。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市熱田区伝馬1-4-7
TEL:052-671-3707
8:30~19:30
日曜・祝日: 8:30~19:00
定休日:なし

川口屋

椿もち
310円
日頃は、茶席の和菓子で季節折々、目的に応じた、和菓子・干菓子・焼菓子・羊羹をお作りしています。全国にもファンが多い銘菓「椿もち」をどうぞ。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市中区錦3-13-12
TEL:052-971-3389
9:30~17:30
定休日:日・祝・第4土曜日

御菓子司 川村屋

清正公石引道中
302円
名古屋城天守閣の礎石を蕎麦饅頭で見立て、車輪の焼印に紅白の大網をかけ、金粉を散らして、賑やかな清正公の石引き道中としました。

名古屋市中区新栄2-18-1
TEL:052-262-0481
9:00~18:30
定休日:日・祝

御菓子司 菊屋茂富

鳴海潟 4個入り
350円
干潟の波と千鳥をデザインし、口どけの良い阿波和三盆糖を用いた、品の良い甘さの干菓子です。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市緑区鳴海町相原町28
TEL:052-621-0130
9:00~19:00
定休日:火

きよめ餅総本家

春敲門
900円
春敲門は熱田神宮の神門のひとつで、小野道風の筆になる額をかかげた東門の別名。
銘菓「春敲門」は”春は東から訪れる”めでたき意の額を縮模した特選和三盆です。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市熱田区神宮3-7-21
TEL:052-681-6161
8:30~18:30
定休日:年中無休

御菓子司 金廣堂

銅鐸もなか
450円
明治初年本店近くで三遠式の銅鐸が発見され、その由緒により、銘菓・銅鐸もなかを作り、お茶うけにまた土産として愛用されています。

名古屋市瑞穂区弥富通3-56
TEL:052-831-1736
8:30~18:30
定休日:木

小ざくらや一清

太閤出世餅
400円
太閤秀吉と清正公生誕の地、中村で数十年ぶりに名物の御菓子が復活しました。懐かしい味ともちもちの食感が絶妙です。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市中村区草薙町1-89
TEL:052-412-4014
9:00~18:00
定休日:日・第3月

三陽製菓

田鶴もなか 2色
300円
万葉の昔より歌人に親しまれた東海桜田の地、田鶴。その田鶴を型どって作った最中です。粒餡と白餡があります。

″ほこたん”によるリポートはこちら
名古屋市南区呼続3-15-27
TEL:052-821-8018
9:00~19:00
定休日:年中無休

大黒屋本店

落雁(詰め合わせ)
400円
名古屋のシンボル「金シャチ」をかたどった落雁と、美しい季節の落雁の詰め合わせです。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市中区錦3-19-7
TEL:052-971-2873
10:00~21:00
定休日:日・祝

つくは祢屋

熱田神宮神饌銘菓詰合せ
700円
熱田神宮由来の神饌銘菓 筑羽根(つくはね)、春敲門(しゅんこうもん)、藤団子(とうだんご)の詰合せです。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市昭和区阿由知通2-5-4
TEL:052-741-1481
9:00~18:00
定休日:水

納屋橋饅頭万松庵 大須万松寺通店

白雪稲荷
300円
「万松寺」には、老狐が少女に化けて、菓子を買ったという「白雪稲荷」の言い伝えが残ります。白狐をイメージした煉切製の上生菓子です。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市中区大須3丁目27-24
TEL:052-201-7884
10:00~19:00
定休日:年中無休

御菓子処 藤見屋

白菊の琵琶
200円
白菊の琵琶の悲恋伝説にちなんで、琵琶の模様を描いた板状の最中種を丹精込めて焼き上げました。ご自身で餡を乗せたり挟んだり、出来立てのお味をお楽しみください。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市西区枇杷島3-1-11
TEL:052-521-4098
8:00~19:00
定休日:不定休

御菓子司 不老園正光

月あかり
300円
享保18年、遊女小さんと畳職人喜八の心中未遂事件が起き、後に浄瑠璃「名古屋心中」が生まれます。暗い夜道を寄り添って歩く二人。その足元を照らすのは夏の夜の美しい月あかりだったのでしょう。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市中区古渡町11-32
TEL:052-321-4031
9:00~19:00
定休日:水曜日


御菓子所 松河屋老舗

名古屋 天守閣
540円
葵の御紋を型どった優雅な味覚の乳菓。金鯱そびえる尾張名古屋城の天守閣をイメージしています。名古屋の観光名所の数々が包装紙を賑やかに彩ります。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市中区栄4-9-27
TEL:0120-758-830
9:00~18:00
定休日:元日

万年堂

小春日
345円
東山春興の図会より、春うららかなひと時を季節折の「小春」に合わせました。秋の色彩のこし餡を葛羊羹で絞った綺麗な和菓子です。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市東区東桜2-17-21
TEL:052-931-1234
9:00?18:00(祝日は午後5時45分まで)
定休日:日曜日

御菓子司 美濃忠

五条橋
324円
名古屋三大商店街として栄えた円頓寺につながる五条橋。清須越によってこの地に移築された五条橋を薯蕷(じょうよう)製にて表しました。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市中区丸の内1-5-31
TEL:052-231-3904
9:00~18:00
定休日:元旦

両口屋是清 八事店

音聞山
356円
遠く潮騒の音も聞こえたと伝わる景勝地“音聞山”をきんとんで表しました。甘さ広がる「音聞山」はこの文化祭期間中の限定商品です。

″ほこたん”によるリポートはこちら

名古屋市天白区八事天道302
TEL:052-834-6161
9:00~19:00
定休日:元日

特集記事のトップへ戻る
Page Top