ホーム > キテ!観て!名古屋

キテ!観て!名古屋 名古屋の魅力を動画で伝えます!! DRAMATIC CITY NAGOYA 名古屋の魅力を 6つのテーマの動画でご紹介!

文化のみち

歴史の浪漫が香る町並みの風情が楽しめます。
西は名古屋城から東に広がる「白壁・主税・橦木町並み保存地区」を挟んで徳川園に至る一帯は、 江戸時代から明治、大正へと続く名古屋の近代化の歩みを伝える、多くの歴史的建造物が残されています。このエリアは「文化のみち」と名付けられ、歴史の浪漫が香る町並みの風情を今に伝えます。

関連情報

徳川園

徳川御三家筆頭の尾張藩二代藩主光友が、隠居所である大曽根屋敷に移り住んだことを起源とします。日本の自然景観を凝縮した池泉回遊式の庭園です。

徳川美術館

徳川家康の遺品を中心に尾張徳川家代々の遺愛品、いわゆる「大名道具」1万件余りを収める美術館です。近世武家文化を体感できます。

二葉館

日本初の女優と謳われた川上貞奴と電力王・福沢桃介が暮らしていた邸宅を移築・復元。貞奴の関連資料の他、郷土ゆかりの文学資料の保存・展示を行っています。

橦木館

陶磁器の加工問屋として財を為した井元為三郎が建てた邸宅。洋館と日本家屋が融合した建物には、名古屋の陶磁器産業の歴史を紹介した展示室もあります。

旧豊田佐助邸

発明王・豊田佐吉の弟、佐助が住んでいました。木造の洋館・和館を併設した珍しい形式で、洋館では鶴にトヨタの文字をデザインした換気口が見られます。

名古屋市市政資料館

荘重で華やかなネオ・バロック様式の建物。大正11年に当時の名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所として建設。昭和59年に国の重要文化財に指定されました。

Page Top