ホーム > 観光・遊ぶ > おすすめ名古屋観光モデルコース > 戌年は、名古屋で「犬」を訪ねよう!

戌年は、名古屋で「犬」を訪ねよう!

所要時間 3時間
START 名古屋駅を出発 ヤマザキマザック美術館(木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界)1時間 伊奴神社(1時間) GOAL

名古屋駅を出発し、名古屋市東区にある「ヤマザキマザック美術館」でかわいい犬の彫刻に触れ、今年の干支「戌」にちなんだ名古屋市西区の「伊奴神社」を訪ねる、新年に相応しい縁起のいい観光コースです。

START 名古屋駅を出発

名古屋市市営地下鉄東山線「名古屋」 -「新栄町」下車(6分)

ヤマザキマザック美術館(木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界)1時間

 2018年は戌年。ここ名古屋で犬にちなんだ場所を訪ねてみませんか。

 ヤマザキマザック美術館は、ロココからエコール・ド・パリまでの絵画作品やエミール・ガレに代表されるアール・ヌーヴォーのガラス、家具作品など、18世紀から20世紀のフランス美術300年の流れが一望できるコレクションが魅力の美術館。

 そのヤマザキマザック美術館で、2017年11月24日~2018年02月25日に開催されているのが『木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界』です。
動物をモチーフに木彫で制作を続ける彫刻家はしもとみおの作品展。2018年の干支である「犬」を中心に、猫や羊・山羊・ラクダ・チンパンジー・オランウー タンなど、様々な動物彫刻とドローイング200点以上を一堂に展示しています。
詳細な取材とスケッチに基づいて創られた作品は、かわいらしさの中にも、生命が存在した証を力強く感じさせます。作品は撮影自由(フラッシュ不可)で、触れることのできる作品もあります。

はしもとみおの世界

はしもとみおの世界の彫刻

はしもとみおの世界の犬の彫刻

【ヤマザキマザック美術館】
住所:名古屋市東区葵1-19-30
電話:052-937-3737 (英語での問い合わせ否)
休館 月曜日(祝日・振替休日の時は翌日)

木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界 紹介ページへ
施設情報ページへ

名古屋市市営地下鉄東山線「新栄町」-「伏見」下車乗換、鶴舞線「庄内通」下車(徒歩15分)

伊奴神社(1時間)

名古屋市西区稲生町にある神社。
第40代天武天皇の御代(西暦673年)、この地で取れた稲を皇室に献上した際に建立されたものと伝えられており、1330年余りの歴史を持つこの地方でも有数の古社。
本殿の前には犬石像があり、いぬみくじや、いぬの御守などもあります。

いぬじんじゃ

伊奴神社のいわれ

いぬの御守

【伊奴神社】
住所:名古屋市西区稲生町2丁目12
伊奴神社(外部リンク)
伊奴神社アクセス(外部リンク)

名古屋市市営地下鉄 鶴舞線「庄内通」-「伏見」下車乗換、東山線「名古屋」下車

GOAL 名古屋駅に到着
モデルコースのトップへ戻る
Page Top