ホーム > 教育旅行 > 歴史

歴史

名古屋といえば、信長、秀吉、家康の三英傑縁の地。
市内及び近辺には武家文化や歴史にまつわる古い町並みや施設、そして史跡や神社・ 仏閣が多数あります。

大正15年(1926年)建築の邸宅で、大正ロマンが漂う屋根窓のついた洋館、伝統的日本家屋・茶席・庭などがご覧いただ...
尾張徳川家の旧蔵書を中心に和漢の優れた古典籍を所蔵する公開文庫。閲覧室での蔵書の閲覧(一部複製利用)のほかに、徳川...
1610年(慶長15年)、徳川家康は子義直の居城として名古屋城の普請を開始。戦災で焼失したが1959年(昭和34年...
能楽鑑賞等にふさわしい日本建築様式の優美な外観、木の香漂う内装、総木曽檜造りの能舞台と630席の広々とした見所が特...
織田有楽斎が京都建仁寺の正伝院に建てた茶室「如庵」を移築したもの。国宝に指定されている。同時に移築した書院は重要文...
旧東海道の池鯉鮒宿(ちりゅうのしゅく)と鳴海宿(なるみしゅく)の間の合宿として、慶長13年(1608年)藩の奨励に...
揚輝荘は、松坂屋百貨店の創始者である15代伊藤次郎左衛門祐民氏が、大正から昭和初期にかけて覚王山の丘陵地に建設した...
宮城・塩竃神社の分院である。 祭神は航海の神で、人は満潮に生まれるといわれることから安産の守護神として、高天原から...
真言宗。天林山笠覆寺。聖武天皇の天平8年(736年)、呼続の浜に流れついた流木に禅光上人が十一面観音像を刻んで安置...
真言宗。貞享5年(1688)創建。尾張徳川家の祈願所としても有名。名古屋の名刹としても知られ、尾張高野とも呼ばれる...
最初のページへ 1 2 3 4 5 6 最後のページへ
教育旅行のトップへ戻る
Page Top