ホーム > 教育旅行 > 歴史

歴史

名古屋といえば、信長、秀吉、家康の三英傑縁の地。
市内及び近辺には武家文化や歴史にまつわる古い町並みや施設、そして史跡や神社・ 仏閣が多数あります。

慶安4年(1651)尾張二代藩主光友が、父義直の菩提のために創建し、以後、尾張徳川家の菩提寺となった浄土宗の寺。本...
荒子観音(浄海山円龍院観音寺) 尾張四観音の一つで、寺号は観音寺といい天台宗のお寺です。また、1200 余体の円空...
高牟神社の境内に湧き出している清水は、「古井(こい・恋)の水」と呼ばれる霊水であり、この水を飲むと恋が生まれるとも...
名古屋の三大天神社のひとつ。織田信秀が北野天満宮から菅原道真の木像を勧請し、那古野城に設けた祠に奉ったのが始まりと...
  徳川4代将軍・家綱公が、1672年(寛文12年)教育・学問を世に広めるために文教政治を奨励したのを受け、文教政...
祭神は仁徳天皇、応神天皇、武内宿称。慶長15年(1610年)徳川家康が名古屋の総鎮守とした。また、毎年5月15,1...
この神社は「広井天王」や「牛頭天王」とも呼ばれ、江戸時代、洲崎の天王祭は東照宮時代祭と並ぶ2大祭であった。毎年の7...
受験勉強で参拝できない方や遠くの崇敬者の方からのFAXや郵送でのご祈祷依頼を承ります。 住所・氏名・生年月日・性別...
城山の森一帯には、織田信秀が築いた末森城があった。父信秀の後を継いだ信行が兄信長に滅ぼされこの城もわずか10年ほど...
597年、伊勢国甚目村の漁師龍麿という者が尾張国の入り江で投網をしていたとき、金色の聖観音像を引き上げ、入り江のか...
最初のページへ 1 2 3 4 5 6 最後のページへ
教育旅行のトップへ戻る
Page Top