ホーム > 教育旅行 > 歴史

歴史

名古屋といえば、信長、秀吉、家康の三英傑縁の地。
市内及び近辺には武家文化や歴史にまつわる古い町並みや施設、そして史跡や神社・ 仏閣が多数あります。

平安時代の陰陽師、安倍晴明を祀る神社です。由緒によれば、付近の湿地に多かったまむしの退治に安倍晴明が来たことから建...
真言宗。正式には北野山真福寺宝生院。大須観音と呼ばれ親しまれている。美濃の大須にあったものが慶長17年家康により当...
尾張東照宮は元和5年(1619)藩祖徳川義直が名古屋城内に創建し、明治8年(1875)に現在地に移転しましたが、昭...
真宗大谷派の別院。古渡城の跡地に建立され、古くから親しみをこめて「御坊さん(ごぼうさん)」とよばれてきました。近年...
曹洞宗。織田信秀(信長の父)の菩提を弔うために三男信行が建立。境内に信秀供養の五輪塔が立ち、今は弁天様の寺として芸...
那古野神社は延喜11年(西暦911年)に現在の中区丸の内に鎮祭され、城の総鎮守、名古屋の氏神として祭らてれいた。廃...
明治33年(1900)にタイ国王から贈られた仏舎利と金銅の仏像を安置するため、37年(1904)に建立。仏教各派が...
名古屋市の南部に広がる緑の神苑「熱田の杜」にお鎮りになる熱田神宮。その昔から「熱田さん」と呼ばれて親しまれ、年間6...
熱田神宮のお社の一つで、昔から「お氷上さん」と親しく呼ばれ、地元緑区大高町はもとより、広く当地方の人々の限りない崇...
前田利家が居住した荒子城址に建立。荒子城は利家の父利昌によって天文年間に築城され、堀に囲まれたおよそ東西68メート...
最初のページへ 1 2 3 4 5 6 最後のページへ
教育旅行のトップへ戻る
Page Top