ホーム > イベント > ヤマザキマザック美術館「尾州徳川の花相撲 帝もサムライも熱中!いとしの植物たち」

ヤマザキマザック美術館「尾州徳川の花相撲 帝もサムライも熱中!いとしの植物たち」

このイベントは終了しました。

尾州徳川の花相撲チラシ 画像

イベント情報

イベント名ヤマザキマザック美術館「尾州徳川の花相撲 帝もサムライも熱中!いとしの植物たち」
日程2018年04月20日~2018年08月26日
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)/8月13日は開館
時間平 日:10:00~17:30(入館は17:00まで)
土日祝:10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場名ヤマザキマザック美術館
イベント内容

 奈良 ・平安時代 の宮中で行われた天覧相撲「相撲節会 (すまひのせちえ )」では 、東方力士 が勝利すると葵の花 を、西方力士が勝つと夕顔 (ひょうたん )の 花をそれぞれの髪に差して退場した。花相撲の名の由来はこの時代にさかのぼる。江戸時代になると「花相撲」は花の品評会をあらわす言葉となり、葉や花弁の美しさ、珍奇さなどを競い合った。
 この展覧会は、名古屋園芸の創業者 小笠原左衛門尉亮軒(おがさわらさえもんのじょうりょうけん)氏が50年以上にわたり蒐集している「雑花園文庫(そうかえんぶんこ)」の植物図譜などを“花の対決”視点で紹介する。
 また、日本の植物や園芸文化に心惹かれ「ナンシーの日本人」とまで言われたアール・ヌーヴォーのガラス作家エミール・ガレの作品、そのモチーフとなった植物を描いた現代のボタニカルアートの作家たちとの饗宴を合わせて鑑賞することができる。

花くらべ 画像 『花くらべ』1661-1703年頃 雑花園文庫

【ガイドツアー】
学芸員によるガイドツアー。展覧会の見どころを分かりやすく解説。
会期中第2・4土曜日。10:30~11:30

料金有料
料金詳細一般:1,000円
小・中・高校生:500円
※音声ガイド無料サービス(小学生高学年以上推奨)
お問い合わせ先ヤマザキマザック美術館
TEL052-937-3737
FAX052-937-3789
ホームページ http://www.mazak-art.com/
アクセス名古屋市営地下鉄東山線「新栄町」駅(1番出口)直結

アクセスマップ

元のページへ戻る
イベントトップへ戻る

event

  • 本日のイベント
  • 今月のイベント
  • 年間イベントスケジュール

「キラッ都ナゴヤ」は、名古屋のイベント・観光に役立つ情報満載の月刊誌です。市内観光案内所で配布しています。

今月号表紙

プレミアムチョイス!(PR)

広告募集中
Page Top