ホーム > イベント > 名古屋市美術館開館30周年記念「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

名古屋市美術館開館30周年記念「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

このイベントは終了しました。

名古屋市美術館開館30周年記念「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」画像

イベント情報

イベント名名古屋市美術館開館30周年記念「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」
日程2018年07月28日~2018年09月24日
休館日:毎週月曜日(ただし、8月13日、9月17日、24日は開館)・9月18日(火)
時間午前9時30分~午後5時(毎週金曜日は午後8時まで)
※入場は閉館の30分前まで
会場名名古屋市美術館
イベント内容

ピエール=オーギュスト・ルノワール《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》1880年 油彩、カンヴァス 5×54cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn) 画像スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956)は、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いた傑出したコレクターとして知られています。17世紀のオランダ派から20世紀の巨匠に至る作品、とりわけ印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃い、そのコレクションの質の高さゆえ世界中の美術ファンから注目されています。 この度、ビュールレ・コレクションの全ての作品がチューリヒ美術館に移管されることになり、コレクションの全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現しました。

本展では、近代美術の精華といえる作品約60点を展示し、その半数は日本初公開です。絵画史上、最も有名な少女ともいわれる「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」、スイス国外に初めて貸し出されることになった4メートルを超えるモネ晩年の睡蓮の大作など、極め付きの名品で構成されるこの幻のコレクションの魅力のすべてをご堪能いただけます。

■見どころはこちら⇒至上の印象派展 ビュールレ・コレクション開催中!
■詳しくはこちら⇒至上の印象派展 ビュールレ・コレクション(外部リンク)

料金有料
料金詳細一般1,500円 大学生1,000円 高校生800円
※中学生以下無料
※7/31~8/31までの休館日を除く平日は、高校生無料デー(要学生証提示)
お問い合わせ先名古屋市美術館
TEL052-212-0001
FAX052-212-0005
ホームページ http://www.art-museum.city.nagoya.jp/
アクセス●地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車、5番出口から南へ徒歩8分
●地下鉄鶴舞線「大須観音」下車、2番出口から北へ徒歩7分
●地下鉄名城線「矢場町」下車、4番出口から西へ徒歩10分
●なごや観光ルートバス『メ~グル』「⑨広小路伏見」停下車

アクセスマップ

元のページへ戻る
イベントトップへ戻る

event

  • 本日のイベント
  • 今月のイベント
  • 年間イベントスケジュール

「キラッ都ナゴヤ」は、名古屋のイベント・観光に役立つ情報満載の月刊誌です。市内観光案内所で配布しています。

今月号表紙

プレミアムチョイス!(PR)

広告募集中
Page Top