尾張徳川家の雛祭り

3月3日の雛祭りは、女の子どもの成長を祈り、祝う春の訪れを告げる行事。 徳川300余年、江戸時代から粛々と受け継がれて来た大名家に伝わる雛道具は、華やかで、愛らしく、歴史の流れを感じながら、優雅な気持ちになれます。

開催期間 2月-4月
開催場所 徳川美術館
お問合せ 徳川美術館
TEL 052-935-6262
FAX 052-935-6261
備考 入場有料
URL http://www.tokugawa-art-museum.jp/ 外部リンク

名古屋城周辺の梅情報

名古屋城内 梅約160本(なつか、なんこう、みちしるべ、ぶんご、おもいのまま)

開催期間 見頃(2月中旬-3月下旬)
開催場所 名古屋城
お問合せ 名古屋城総合事務所
TEL 052-231-1700
FAX 052-201-3646
備考 入場有料
URL http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/ 外部リンク

東山植物園の梅情報

約30種200本(おもいのまま、えんおう、べにちどり、あおじく、みちしるべ等)

開催期間 見頃(2月中旬-3月下旬)
開催場所 東山動植物園
お問合せ 東山総合公園
TEL 052-782-2111
FAX 052-782-2140
備考 入場有料
URL http://www.higashiyama.city.nagoya.jp 外部リンク

きねこさ祭

毎年旧暦の1月17日に厄除け、子孫繁栄、天下泰平、五穀豊穣などを祈念し、執り行われる祭礼で、特に厄除けに霊験があると伝えられる。祭りに使用する祭具の、きね(たて杵)とこさ(杵からこすり落とした餅の意)に由来する。 まず、神社近くの庄内川に男達が1本の青竹を担ぎ出し、川の中ほどで天に向けて立てる。男達のうちの一人がその竹に登り、身体の重みで竹が折れた方角で、その年の作柄を占い、五穀豊穣を祈る。 また、境内では祭礼が行われ、祭具である”きね”と”こさ”を参拝者にあててまわり、この祭具に触れると厄除けになるとされる。 西暦884年(元慶8年)頃に創建とされており、無形文化財にして、尾張三大奇祭の一つである。

開催期間 旧暦1月17日
開催場所 七所社
お問合せ 七所社
TEL 052-412-3671
FAX 052-412-0538
URL http://www.kinekosa.com 外部リンク
季節のイベントトップへ戻る

event

  • 本日のイベント
  • 今月のイベント
  • 年間イベントスケジュール

「キラッ都ナゴヤ」は、名古屋のイベント・観光に役立つ情報満載の月刊誌です。市内観光案内所で配布しています。

今月号表紙

プレミアムチョイス!(PR)

広告募集中
Page Top