文化のみち 撞木館(しゅもくかん)

バイヤーを招待してここで商談をしてたんだ

陶磁器の輸出で成功した実業家のお屋敷

明治時代に陶磁器加工販売の井元商店を創業し、海外への販路を開拓して財を成した井元為三郎が建てた屋敷で、大正末期から昭和初期のものといわれています。庭園を中心に、洋館、和館、茶室、ふたつの蔵からなっていて、玄関ホールにある4種類のステンドグラスや、手吹きガラスによる窓など、当時の趣を残しています。名古屋の陶磁器産業についての展示、喫茶スペースがあるほか、貸室として展示会などに利用することもできます。