フィルムコミッション 中部エリアナビ

English Site

金沢フィルムコミッション

金沢エリアのロケーション一覧

  • ことじ灯籠(兼六園)
  • 五十間長屋
  • 長町武家屋敷
  • 石川近代文学館
  • 妙立寺(忍者寺)
  • 大乗寺
  • 尾山神社
  • 近江町市場
  • ひがし茶屋街
  • 金沢市民芸術村
  • 浅野川・梅の橋
  • 白鳥路
  • ダブル坂
  • 石川県庁石引分室(旧第九師団司令部)
  • 卯辰山

ことじ灯籠(兼六園)

ことじ灯籠(兼六園)

カテゴリー :
名跡・名所
所在地 :
石川県金沢市兼六町
オススメポイント :
兼六園のシンボルとしてよく知られ、観光写真でも度々登場する二本脚の灯籠。水面を照らすための雪見灯籠が変化したものです。形が楽器の琴の糸を支え、音を調整する琴柱(ことじ)に似ている為、その名が付いたと言われています。二股の脚は元々同じ長さでしたが、何かの原因で折れてしまい、石の上に片脚を乗せてバランスを保っています。手前に架かる虹橋と傍らの紅葉の古木との三位一体となった風景はとても絵になり、多くの観光客がここで記念撮影を行っています。

唐崎松(兼六園)

五十間長屋

カテゴリー :
名跡・名所
所在地 :
石川県金沢市兼六町
オススメポイント :
金沢城公園のシンボルとして実に3年以上の年月をかけて、平成13年7月に復元された建物で、石川門や三十間長屋と同様、鉛瓦や海鼠塀の外観が特徴です。明治以降に建てられた木造城郭建築物としては全国最大規模です。

長町武家屋敷

長町武家屋敷

カテゴリー :
名跡・名所
所在地 :
石川県金沢市長町
オススメポイント :
加賀藩士・中級武士達の屋敷跡。木羽板葺の屋根のついた黄土色の土塀や武士窓のある長屋門が当時の面影をしのばせる。雪から土塀を守る「こも」は金沢の風物詩となっています。

石川近代文学館

石川近代文学館

カテゴリー :
名跡・名所
所在地 :
石川県金沢市広坂
オススメポイント :
この建物は、明治22年6月に起工、24年7月に完成した旧第四高等中学校本館です。設計は、当時文部技師であった山口半六、久留正道。明治27年には、第四高等学校と改称し、「学都」金沢の象徴として県民に親しまれ、数々の人材を政財界や学界に送り出してきました。そして昭和25年、学制改革により閉校しました。昭和44年3月に重要文化財の指定を受けています。今は、石川県ゆかりの文学者の著書・原稿・愛蔵品等を一堂に集めた総合文学館となっています。

妙立寺(忍者寺)

カテゴリー :
神社・仏閣
所在地 :
石川県金沢市野町
オススメポイント :
初代藩主・前田利家公が藩を守護する祈願所として建立した寺。外的の進入を防ぐ為、隠し階段、落とし穴、隠し部屋、二枚戸など数々のからくり仕掛けのあることから忍者寺の愛称で呼ばれ、観光名所となっています。

大乗寺

大乗寺

カテゴリー :
神社・仏閣
所在地 :
石川県金沢市長坂町
オススメポイント :
市街地から南に3km、加賀藩前田家歴代の人々や室生犀星が眠る野田山墓地に隣接する曹洞宗の名刹。2万平方mの境内には山門、仏殿、坐禅堂など禅宗様式の七堂伽藍が整備され、今も数多くの雲水が修行に励み、静粛な雰囲気が漂っています。

尾山神社

尾山神社

カテゴリー :
神社・仏閣
所在地 :
石川県金沢市尾山町
オススメポイント :
慶長4年(1599年)に加賀藩祖前田利家を奉り創建された卯辰八幡宮を、明治6年に卯辰山から現在地に移し、尾山神社としました。神門最上層のステンドグラスや池泉回遊式庭園など見ごたえがあります。
金沢の総社的神社として崇敬されており、市民の心の故郷として親しまれています。

近江町市場

近江町市場

カテゴリー :
商店街・繁華街
所在地 :
石川県金沢市上近江町
オススメポイント :

古くから繁華街として栄えた武蔵ヶ辻にある近江町市場は、享保6年(1721年)から加賀藩の御膳所として、また庶民の台所としても賑わい、約270年もの間金沢の人々の生活を支えてきました。

平成21年4月に「近江町いちば館」が全館オープン。従来の雰囲気はそのままにより快適な市場へと生まれ変わりました。

ひがし茶屋街

ひがし茶屋街

カテゴリー :
まち並み・むら並み
所在地 :
石川県金沢市東山
オススメポイント :

卯辰山山麓を流れる浅野川の川岸には、いまでもキムスコ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並みが残り、昔の面影をとどめています。灯ともし頃にもなれば、今でも軒灯がともる茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれてきます。

五木寛之著「朱雀の墓」の舞台としても知られています。また、平成13年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選出され、「街並みの文化財」として保存策が進められています。

金沢市民芸術村

金沢市民芸術村

カテゴリー :
公園・レジャー
所在地 :
石川県金沢市大和町
オススメポイント :
旧紡績工場群を改修整備した年中無休、24時間使用できる芸術村。里山の家、アート工房、ドラマ工房、ミュージック工房、マルチ工房などの施設があり、各分野の制作室や発表の場を備えています。また、金沢職人大学校も併設されています。

浅野川・梅の橋

浅野川・梅の橋

カテゴリー :
道路・橋
所在地 :
石川県金沢市並木町
オススメポイント :
古都金沢に流れる二つの川、犀川と浅野川。女川とも云われる穏やかな流れの浅野川は古くから加賀友禅の友禅染が行われています。この川にかかる「梅の橋」は、歩行者専用の橋です。夜にはライトアップされ、この橋の上からは金沢らしい風景が広がっています。

白鳥路

白鳥路

カテゴリー :
道路・橋
所在地 :
石川県金沢市丸の内
オススメポイント :
緑に囲まれた散策路。兼六園下のバス停前から大手堀に抜ける路。車両は進入禁止なので「金沢三文豪像」などのブロンズ像を見学しながらのんびり歩けます。

ダブル坂

ダブル坂

カテゴリー :
道路・橋
所在地 :
石川県金沢市清川町
オススメポイント :
寺院がひしめく寺町通りから、犀川に架かる桜橋に抜ける途中にあるジグザグの坂。寺町台に下宿していた旧四高生たちの散歩道にもなっていたという坂で、下から見上げると横に倒したWの字に見えることからこの名が付けられました。正式名称は石伐坂(いしかりざか)といい、文豪・室生犀星も好んで歩いた坂です。途中で見え隠れする犀川の流れが美しく、目に入ってきます。

石川県庁石引分室(旧第九師団司令部)

石川県庁石引分室(旧第九師団司令部)

カテゴリー :
施設跡・廃墟・産業遺跡・空地
所在地 :
石川県金沢市石引
オススメポイント :
明治31年に金沢城二の丸跡に建てられた建物で、昭和43年に現在の場所に移築されました。全体的に簡素なルネッサンス風の外観を成しています。

卯辰山

卯辰山

カテゴリー :
夜景・夜間
所在地 :
石川県金沢市末広町
オススメポイント :
標高141m、加賀百万石の夜景を見下ろせます。市街地から一番近い山なので、気軽に夜景が楽しめます。日本の歴史公園100選に選ばれています。

金沢地区の特徴

1583年、前田利家公が金沢城に入城し、城下町金沢の基礎が築かれました。前田家は加賀・能登・越中(現在の石川県と富山県)の約120万石を領有した最大の大名であり、利家が入城してから約290年間、江戸時代を通して金沢を居城とし、政治・経済・文化の拠点としてその発展に努めました。

城下の寺院を移転させ、三寺院群を形成、城下町の防水と金沢城内の水を確保するため辰巳用水が開削されました。またその後、いくつもの用水が整備されました。特別名勝である兼六園は前田家の庭園として造られ、江戸時代末期には、ひがし茶屋街とにし茶屋街が設けられました。これらの歴史遺産は、今もなお当時の景観や風情をとどめています。

金沢は戦災を受けなかったこともあり、当時の歴史的建造物やまちなみだけでなく、伝統工芸・伝統芸能・食文化も受け継いでいます。

金沢は2009年、国の「歴史都市」に認定されました。

金沢フィルムコミッションのご案内

金沢は他地域と異なり、金沢(石川)でしか撮影出来ないロケスポットが数多くあります。歴史的建造物をはじめ公共施設での許可は、どのフィルムコミッションよりスムーズに橋渡しが出来ます。

この他、映像関係に長年携わってきたロケーションコーディネーターを配置しておりますので、シナハンやロケハンのご相談は製作者のニーズに応じてご案内出来る体制を整えております。

金沢・石川県の地域振興の架け橋の為、尽力致します。

公式サイト

各エリアを見る

このページの先頭に戻る