ホーム > 観光・遊ぶ > 萬松寺(万松寺)

萬松寺(万松寺)

織田信長の父信秀の菩提寺として建立され、慶長15年名古屋城築城の際現在の大須に移された。
信長が父の葬儀で抹香を投げる場面と、桶狭間合戦出陣前に「幸若舞」を舞う場面を演ずる「からくり人形」が設置されている。
2017年春に新諸堂「白龍館」がリニューアルオープンし、時間になると境内にある「白龍」と「LEDモニター」から【再生】をテーマとした音・水・光のダイナミックな映像演出が飛び出す。
毎月28日は縁日。境内で「身代り餅つき」が行われ、参拝客の方々に無料でつきたてのお餅が振る舞われる。

からくり人形「信長」上演時間は10時、12時、14時、16時、18時
白龍演出 上映時間は11時、13時、15時、17時、19時、20時
(※天候により上演が中止になる場合がある)

施設詳細

住所名古屋市中区大須3-29-12
エリア中心部エリア
交通手段地下鉄鶴舞・名城線 上前津駅 徒歩3分
TEL052-262-0735 (英語での問い合わせ可)
FAX
営業時間境内自由(受処9:00~20:00)
休館日年中無休
利用料金無料
駐車場800台(有料)万松寺駐車場
ホームページ http://www.banshoji.or.jp外部サイト

アクセスマップ

元のページへ戻る
観光・遊ぶのトップへ戻る
Page Top