ホーム > 観光・遊ぶ > 笠寺観音(笠覆寺)

笠寺観音(笠覆寺)

真言宗。天林山笠覆寺。聖武天皇の天平8年(736年)、呼続の浜に流れついた流木に禅光上人が十一面観音像を刻んで安置し、小松寺と称したのが始め。芭蕉ゆかりの春雨塚・笠寺千鳥塚、宮本武蔵の碑などがある。

施設詳細

住所名古屋市南区笠寺町上新町83
エリア南部エリア
交通手段名鉄名古屋本線 本笠寺駅 徒歩3分
TEL052-821-1367 (英語での問い合わせ否)
FAX
営業時間8:00~16:00(お札・お守りは授与、朱印の方)
休館日無休
利用料金無料
駐車場普通車・駐車場有り 15台
ホームページ http://kasadera.jp/外部サイト

アクセスマップ

元のページへ戻る
観光・遊ぶのトップへ戻る
Page Top