ホーム > 観光・遊ぶ > 国宝 犬山城

国宝 犬山城

三重四階地下二階の天守は、1537年(天文6年)織田与次郎信康により築城され、日本最古の様式と言われています。最上階の望楼には廻縁がめぐり、そこからの眺めは絶景です。江戸時代、二代将軍秀忠から犬山城を拝領されて以来幕末まで、成瀬家が城主を務め、平成16年まで、全国でも珍しい個人所有のお城でした。現在は、(公財)犬山城白帝文庫に移管され、犬山市が管理し、城下町の賑わいと共に多くの人が訪れています。

注:平成30年度-31年度に天守の大規模修理を予定しています。天守に足場を設置することにより写真撮影に影響が及んだり、一部入場を制限することもございます。詳細は管理事務所までお問い合わせください。

施設詳細

住所犬山市大字犬山字北古券65-2
エリア名古屋近郊エリア
交通手段●名鉄犬山線「犬山」駅西出口より徒歩20分
●名鉄犬山線「犬山遊園」駅西出口より徒歩15分
TEL0568-61-1711(犬山城管理事務所) (英語での問い合わせ否)
FAX0568-61-5611 (英語での問い合わせ否)
営業時間9:00~17:00(最終入場は16:30)
休館日12/29~12/31
利用料金一般550円 小・中学生110円 ほか
駐車場普通車・バス有料駐車場有り
ホームページ http://inuyama-castle.jp/外部サイト

アクセスマップ

元のページへ戻る
観光・遊ぶのトップへ戻る
Page Top