ホーム > 観光・遊ぶ > 揚輝荘

揚輝荘


聴松閣(南園)

伴華楼

揚輝荘は、松坂屋百貨店の創始者である15代伊藤次郎左衛門祐民氏が、大正から昭和初期にかけて覚王山の丘陵地に建設した名古屋市における郊外別荘の代表作です。
1.南園にある聴松閣と、北園の北庭園の一般公開(聴松閣は有料、北庭園は無料)
2.北園の建物及び北庭園のガイド付き見学(無料、事前申し込みが必要)

 千種区魅力紹介映像「こあらっちのお散歩レポート」(外部リンク

施設詳細

住所名古屋市千種区法王町2-5-17
エリア東部エリア
交通手段地下鉄東山線「覚王山」駅1番出口より徒歩10分
TEL052-759-4450 (英語での問い合わせ否)
FAX052-759-4451 (英語での問い合わせ否)
営業時間9:30~16:30
休館日毎週月曜日(月曜日が祝祭日または振替休日の場合は翌日)、年末年始
利用料金聴松閣入館料 大人300円、市内在住の高齢者(65歳以上)100円、中学生以下無料
※北園は無料
駐車場-
ホームページ http://www.yokiso.jp 外部サイト

アクセスマップ

元のページへ戻る
観光・遊ぶのトップへ戻る
Page Top