ホーム > 観光・遊ぶ > 古川美術館・分館 為三郎記念館

古川美術館・分館 為三郎記念館

古川美術館は、故古川爲三郎が戦前より収集した美術品の寄付をもとに平成3年11月に開館。美人画などの近代日本画を中心に、西洋中世の彩飾写本など多岐にわたり約2800点を所蔵、年に数回企画展を開催。また分館として爲三郎が103歳まで終の棲家とした数寄屋建築の建物を「為三郎記念館」として平成7年から一般公開。邸内では、季節の設え、企画展示、イベントがあり、日本庭園を眺めながら抹茶と和菓子のセット(有料)も楽しむことができる。

施設詳細

住所名古屋市千種区池下町2ー50
エリア東部エリア
交通手段地下鉄東山線「覚王山」駅下車、1番出口より西へ徒歩5分 
地下鉄東山線「池下」駅下車、1番出口より東へ徒歩3分
TEL052-763-1991 (英語での問い合わせ否)
FAX052-763-1992 (英語での問い合わせ否)
営業時間午前10:00~午後5:00(最終入館16:30)
休館日毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、次の火曜日が休館、展示替え期間)
利用料金●古川美術館、分館爲三郎記念館2館入館券
一般1,000円 高大学生500円 小中学生300円
●古川美術館のみ入館券(一般のみ有効)
一般800円
●爲三郎記念館のみ入館券(呈茶付)
一般700円 高校生・大学生700円 小中学生700円
駐車場24台(身障者用1台含む)
※普通車のみ
ホームページ http://www.furukawa-museum.or.jp外部サイト

アクセスマップ

元のページへ戻る
観光・遊ぶのトップへ戻る
Page Top