ホーム > 観光・遊ぶ > 中小田井の町並み

中小田井の町並み

名古屋市の北西部に位置し、庄内川の右岸に接する中小田井は、九世紀頃にはすでに集落があったといわれ、寛文7年(1667年)に名古屋城下から岩倉方面に至る旧岩倉街道が通じました。
当時、岩倉村やその周辺から枇杷島の青果市場(1600年代前半に開設)へ野菜類を運ぶ道として賑わい、生活用品を扱う商家が建ち並ぶ町が形成されました。
現在はかつての賑わいはないが町屋・土蔵を中心とした景観をゆるやかに曲がる街道に沿って続き、ヒューマンスケールの町並みを残している。

施設詳細

住所名古屋市西区中小田井
エリア北部エリア
交通手段名鉄犬山線「中小田井」駅下車、徒歩2分
TEL052-972-2782 (英語での問い合わせ否)
FAX052-972-4128 (英語での問い合わせ否)
営業時間-
休館日-
利用料金-
駐車場-
ホームページ http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000080126.html外部サイト

アクセスマップ

元のページへ戻る
観光・遊ぶのトップへ戻る
Page Top