ホーム > 観光・遊ぶ > 名古屋市見晴台考古資料館

名古屋市見晴台考古資料館


資料館外観

弥生時代後期の環濠集落として知られる見晴台遺跡にある資料館。見晴台遺跡から出土した資料を紹介する展示室のほか、発掘調査した状態を復元した住居跡観察舎や環濠断面を表した濠観察コーナーなどの施設がある。また、戦争中の高射砲の砲台跡も見ることができる。

施設詳細

住所名古屋市南区見晴町47
エリア南部エリア
交通手段●名鉄名古屋本線「本笠寺」駅より東へ徒歩10分
●地下鉄桜通線「鶴里」駅より南西へ徒歩15分
●市バス「笠寺西門」停下車、東へ徒歩7分
●市バス「弥生町」停下車、西へ徒歩7分
TEL052-823-3200 (英語での問い合わせ否)
FAX052-823-3223 (英語での問い合わせ否)
営業時間9:15~17:00
休館日毎週月曜日(休日のときは翌平日)・毎月第4火曜日(休日を除く)・年末年始(12月29日~1月3日)
利用料金無料
駐車場普通車・駐車場有り 21台(うち1台は身障者用)
ホームページ http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-15-2-8-0-0-0-0-0-0.html外部サイト

アクセスマップ

元のページへ戻る
観光・遊ぶのトップへ戻る
Page Top