主な支援作品

映画俺俺

                       

                                                                                            ⓒ 2012 J Storm Inc.

なごや・ロケーション・ナビが支援しました、映画「俺俺」がいよいよ5月25日(土)に公開します。

この作品は名古屋市内の「市営団地榎木荘」や、ご当地企業の「家電量販店エイデン」・南区粕畠周辺の住宅街など

普段名古屋市民が身近に接している場所で撮影が行われました。

映画のイメージにあうロケ地を提案するのに担当者が苦戦した作品でもあります。

最後は監督絶賛の場所を提案できたロケナビ渾身の作品です。ぜひお楽しみください。

 

また今回は、主演をつとめた亀梨和也さんに取材することができました!取材内容をアップします!

★完成した映画を観た率直な感想は?

   一番初めに観たときは、すごく混乱しました。もちろん自分が演じているんですけどね(笑)今は客観的にすごく楽しめるようになりました。

★作品を楽しめるようになってからはどんなところが魅力だと思いますか?

   三木監督独特の”空気感”や”笑い”ですかね。もしこの作品を演じず客観的に観たら、演じている役者をうらやましく思います。僕にとって代表作になる作品になり    ましたし、出させていただいて本当にありがとうございます!という気持ちでいっぱいです。

★作品の撮影前に準備されたことや、どんな気持ちで臨まれましたか?

   初めての挑戦だったので、まず最初に台本を3冊用意してもらいました。監督から求められる事や、どういった世界観が存在するのかというのを第一優先         に、”強くものを捉えて挑もう”と腹をくくりました。

★一番のお気に入りの俺は?

   ”振り切ったなぁ”と思うのは、「溝ノ口の俺」「瀬島の俺」。「巨乳の俺」とか、みなさん食いついてくれるんだけど、意外とアイドルやっていると若い頃か色々やって    きたので、免疫があるんです(笑)

★主要3人のキャラの演じ分けはどのようにされたんですか?

   わかりやすく言えば均を中心に。3人に関しては、撮影前に1カ月以上稽古の時間があったので、その中である程度キャラクター像は出来あがっていましたね。他   のキャラクターは見た目から中身を作っていきましたが、この3人については中身から外身を作っていく作業でしたし、キャラクターごとで作り方が違いました。

★名古屋での撮影で印象に残っていることや場所はありますか?

   撮影中、”手羽先” には相当助けられましたね。手羽先食べるの結構うまいんですよ(笑)味は辛口が好きですね。あと印象に残っている場所は、団地やエイデン   さんですかね。エイデンさんの中には自分のポスターも貼って頂いてたので、すごく嬉しかったですよ。

 

  
 
                                                                                                                                                ⓒ 2012 J Storm Inc.

 

【STORY】

郊外の街に住み平凡な毎日を過ごす永野均(亀梨和也)28歳。

ある日、なりゆきでオレオレ詐欺をしたことからおかしな出来事が起き始めた。

均と同じ顔をした”別の俺”が現れたのだ!

スーツ姿のサラリーマンで冷静沈着な大樹(亀梨和也)、茶髪の大学生でお調子者のナオ(亀梨和也)。

「他人といるのは面倒くさい」

均のそんな気持ちから始まった”俺”の増殖。

気を使わず分かり合える”俺”だらけの世界って、なんてハッピーなんだ!

日に日に”俺”は増殖していく。だがある日を境に、幸せな関係の歯車が狂い始める。

均の前で別の”俺”が殺され、さらにナオの行動がきっかけで、俺同士の削除がはじまったのだ!

やがて、均自身も他の”俺”に追われるようになっていき―!?

【STAFF】

キャスト:亀梨和也 内田有紀 加瀬 亮 キムラ緑子 高橋恵子 

原作 : 星野智幸「俺俺」(新潮社刊)

脚本・監督 : 三木 聡

制作・配給 : ジェイ・ストーム

配給協力 : ギャガ GAGA★

主な支援作品のトップへ戻る