HOME > 主な支援作品 > 「グッモーエビアン!」

主な支援作品

映画「グッモーエビアン!」

なごや・ロケーション・ナビ 支援作品情報  映画「グッモーエビアン!」

                           

                            (c)2012『グッモーエビアン!』製作委員会

満を持していよいよ12月15日(土)から 映画「グッモーエビアン!」公開です!

名古屋在住の作家「吉川トリコ」が描く、名古屋発のROCKなホームドラマ。

笑いあり、涙ありの超ROCKな物語。

設定が名古屋であり、映画冒頭から“名鉄電車”が走るシーンなど、名古屋人なら誰しも見覚えのシーンがでてきます。

ロケ地:大須商店街、オアシス21、HMV栄

       
                                      (c)2012『グッモーエビアン!』製作委員会   

 

【公開情報】

12月15日(土) テアトル新宿ほか 全国ロードショー

原作:吉川トリコ『グッモーエビアン!』(新潮文庫刊) 

監督・脚本:山本透 脚本:鈴木謙一 音楽:葉山たけし

出演者:麻生久美子 大泉 洋 三吉彩花 能年玲奈 竹村 哲(SNAIL RAMP) MAH (SHAKALABBITS)/塚地武雅(ドランクドラゴン) 小池栄子 土屋アンナ(友情出演)

製作:日本出版販売、アミューズソフトエンタテインメント、ショウゲート、アスミック・エース エンタテインメント、TBSサービス、Takujiクリエイト、ダブ、クレイ、北海道テレビ、クリエイティブオフィスキュー、ローソン

企画協力:新潮社 企画・製作プロダクション:ダブ   

配給:ショウゲート 

助成:文化芸術振興費補助金

公式サイト: http://gme-movie.com

【作品紹介】

「ROCKじゃなきゃ、家族じゃない!?」

家族の数だけ、家族の形があっていい―。

大切な誰かを持つ、すべての人へ。新世代の家族ムービーの誕生!

アキと中学3年生のハツキは、親子二人暮らし。若い頃はパンクバンドのギタリストで、17歳でハツキを産んだアキと、しっかり者の娘・ハツキは好対照だが、親友のように仲がいい。ある日、約2年の間、海外放浪の旅をしていた自由人・ヤグが帰ってきた。アキと同じバンドでボーカルだったヤグは、アキのことが大好きで、自分の子どもではないハツキが産まれる前からアキと一緒に暮らしていた。2年ぶりの3人暮らしに、アキとヤグは楽しそうだが、思春期のハツキはなぜか苛立ってしまう。そんな中、ハツキは親友のトモちゃんとケンカをしてしまい、トモちゃんはそのまま家庭の事情で転校してしまう。それをきっかけに、ハツキはアキの本当の気持ちや、ヤグの過去を知ることになる……。

描かれるのは、少し変わってはいるけれど、実は人一倍お互いを思いあっている家族の姿。パンクロックのビートに乗って繰り広げられる、新世代のファミリー像に、共感の涙が溢れ出す!

 

 

主な支援作品のトップへ戻る