1. トップ
  2. MICE誘致支援メニュー
  3. Step2.準備のお手伝い
  4. 国際会議開催助成金のご案内

MICE誘致支援メニュー

国際会議開催助成金のご案内

(公財)名古屋観光コンベンションビューロー(以下、ビューローという)では、この制度は名古屋市内で開催される国際会議に対して開催経費の一部を助成することにより、国際会議の誘致促進を図り、経済、産業、芸術、文化、国際交流の振興に寄与することを目的としています。

対象国際会議

助成の対象は、次に掲げる要件をすべて満たす国際会議と致します。

  • 主たる会議が名古屋市内であること。
  • 政治目的又は宗教目的を有していないものであること。
  • 営利を目的としないものであること。
  • 参加国数が3か国(日本を含む)以上であること
  • 会議の日数が、3日以上であること。
  • 名古屋市から助成金などの交付を受けていないこと
  • 経済、産業、学術、文化、国際交流の振興に寄与するものであること。
  • 参加者数が300人以上で、そのうち海外参加者数が50人以上であること。
  • 開催年度を含めて過去5か年度以内に本助成を受けていないこと。

助成の対象となる経費

助成対象経費は次に掲げる経費と致します。

  • (1)会場借上費
  • (2)印刷製本費
  • (3)広報活動費
  • (4)会議運営費(招へい旅費を含む)
  • (5)事務局費
  • (6)その他、ビューローが認める経費

ツアーレセプション、特定の記念品(コングレスバックなど)、飲食費用(コーヒーブレイクなど)、展示会経費(ポスター展示は対象)、パソコン・什器の購入は対象外と致します。

助成金の額

助成金の額は、次に掲げる金額を限度とし、かつ助成対象経費の10%以内(千円未満端数切捨)と致します。(名古屋市予算の範囲内での交付)

総参加者数 限度額
300人以上(50人以上) 1,000千円
600人以上(100人以上) 1,500千円
1,000人以上(150人以上) 2,000千円
2,000人以上(500人以上) 10,000千円

助成金の予約申し込み

国際会議開催助成金交付までの流れ

国際会議開催前::
主催者:申請者より助成金予約申込書を提出(開催前年度の4月30日までに)
名古屋観光コンベンションビューロー:助成金予約申込書の受取、審査の上、助成金上限額の決定をビューローより通知
主催者:助成金上限額の確認、申請者より、助成金交付申請書を提出 ※目安として、開催日の3か月前まで ※開催計画、収支計画の変更があれば、変更承認申請書を提出
名古屋観光コンベンションビューロー:助成金交付決定通知書をビューローより送付
国際会議開催後::
主催者:会議終了後、申請者は事業実績報告書を速やかに提出 ※目安として、終了後2か月以内
名古屋観光コンベンションビューロー:事業実績報告書の受取 内容審査の実施、内容審査後、助成金額を決定し、助成金確定通知書をビューローより送付
主催者:助成金確定通知書の受取、申請者より助成金支払請求書をビューローに提出
名古屋観光コンベンションビューロー:ビューローより助成金の支払
交付決定の取り消しまたは助成金の返還:次に該当する時は、助成金決定の全部または一部を取消し、もしくはすでに交付した助成金の全部または一部を返還して頂く場合があります。(1)助成金交付決定の通知に付した条件に違反したとき(2)虚偽の申請、報告または不正の行為によって助成金の交付を受けたとき

交付決定の取り消しまたは助成金の返還

次に該当する時は、助成金決定の全部または一部を取り消し、もしくはすでに交付した助成金の全部または一部を返還して頂く場合があります。

  • 助成金交付決定の通知に付した条件に違反した時。
  • 虚偽の申請、報告または不正の行為によって助成金の交付を受けた時。