1. トップ
  2. MICE施設
  3. 名古屋能楽堂

MICE施設



    【施設の種類】

    【実施スタイル】

    【会場規模】

    【エリア】

    名古屋近郊路線図
一覧に戻る
  • 名古屋能楽堂 能舞台(老松)
  • 名古屋能楽堂 会議室
  • 名古屋能楽堂 中広間
  • 名古屋能楽堂 展示室
  • 名古屋能楽堂 能楽堂外観
  • 名古屋能楽堂 能楽堂外観
  • 名古屋能楽堂 能楽堂外観
  • 名古屋能楽堂 能楽堂外観
  • 名古屋能楽堂 能楽堂外観
  • 名古屋能楽堂 能楽堂外観
  • 会議施設
  • 丸の内・市役所

名古屋能楽堂

  • 住所 〒460-0001
    名古屋市中区三の丸1-1-1
    お問い合わせ TEL:052-231-0088
    FAX:052-231-8756
    ホームページ https://www.bunka758.or.jp/scd24_top.html
    申込受付時期 ホールのみ又はホールと会議室を併せて使用する場合/使用しようとする日の属する月の<国際会議等:4年前、伝統芸能の公演・全国会議等:2年前,左記以外の催事等:1年半前、その他の練習等:1年前>の初日から 会議室のみを使用する場合/使用しようとする日の属する月の1年前の初日から
    休館日 12月29日~1月1日
    保有施設 【飲食施設】レストラン1ヶ所140席(テーブル席54席、個室11部屋)
    使用料 PDFファイルが開きます(77.8KB)

    国内最大級の能楽堂

    【施設の特徴】

    総木曽檜づくりの能舞台のほか、能の歴史や魅力を紹介する展示室がある。
    ホール 能舞台 630席(同通ブースあり、イヤホンガイド設備あり)
    会議室 定員99名(演台、プロジェクター、スクリーン、マイク設備)
    けいこ室(舞台あり)
    展示室 能楽を紹介(入場料無料)
    能舞台の使用がない日には舞台を公開する場合あり(HPで要確認)(月4回程度)

    備考:

    ・舞台を公演等の準備又は練習のために使用する場合は、他の公演等の支障にならないなど、一定の条件のもとに1時間16,000円で使用可。
    ・照明等特別の設備をホールへ持ち込む場合(事前承認が必要)は、別に電気使用料(実費相当額)が必要。
    ・能舞台及び施設での「決まりごと」を守っていただく。(能舞台での白足袋着用又は養生パネル使用、水使用の禁止等。)
    ・会議利用料金等の費用はすべて主催者が負担し、通訳等必要な手配を行っていただくことを前提とします。
    ・施設の利用状況や職員の勤務状況等により対応できないこともあります。
    ・舞台養生パネルの設置には、付属設備の利用料金、設置及び撤去時間(各2時間程度)、作業スタッフの手配が必要となりますのでお問い合わせください。
    ・ご利用にあたっての詳細は、(公財)名古屋観光コンベンションビューローへお問い合わせください。

  • 駐車場収容台数
    収容台数 料金/台
    普通車 隣接する名古屋城周辺の駐車場をご利用ください
    バス 28台(有料)
    会場規模
    会場名 会場規模
    会議 レセプション 展示
    (m2)
    スクール シアター 立食 着席
    (人) (人) (人) (人)
    能楽堂 630(固定)
    会議室 99

アクセス

JR名古屋駅から
地下鉄桜通線丸の内駅下車、1番出口から徒歩12分 又は、なごや観光ルートバス メーグル「名古屋城」下車スグ

中部国際空港から
名鉄名古屋駅下車、地下鉄桜通線乗換、丸の内駅下車、1番出口から徒歩12分