ホーム > 名古屋を知る > 識る > 名古屋市 = 「まるはち」???

名古屋市 = 「まるはち」???

は名古屋市の市章です、「丸に八の字」から「まるはち」と呼ばれ、
名古屋市民に親しまれています。

尾張徳川家が合印として使用した「丸に八の字」印に由来し、明治40年10月の市会で名古屋市の市章として決議されました。
名古屋市会史には「徽章の丸は無限に、円満に膨脹する力を象徴し、中の八は支え拡がる形であり、発である。多年の集積に一簀を加え、大いに伸びるという意味にもなる。なお、八は坤なり、順なり将に伸びんとするや担道を行くが如く、又、順風に帆を揚げたがるが如しということに帰結するのである」とあり、名古屋市が無限に安穏かつ順風に発展することを意味しています。

平成8年8月8日からは、「まるはち」にちなみ、毎年8月8日を「まるはちの日」とし、各種イベントや協賛セールを行いました。(平成24年現在各種イベントは終了しました)

~関連サイト~ 
八の意匠のいわれ(外部リンク)

識るへ戻る

名古屋を知る

  • 歴史
  • 産業
  • 食
  • 識る
  • 必見

プレミアムチョイス!(PR)

広告募集中
Page Top