閉じる

  1. トップページ
  2. 特集
  3. 【9/18(金)開業】 こんなにも変わった!癒しと刺激の久屋大通公園 「RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤードヒサヤオオドオリパーク)」に行ってみた!

RAYARD Hisaya-odori Park バナー

【9/18(金)開業】
こんなにも変わった!癒しと刺激の久屋大通公園
「RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤードヒサヤオオドオリパーク)」に行ってみた!

名古屋TV塔とともに誕生した久屋大通公園が、大リニューアルを敢行!このプロジェクトは、リニア中央新幹線の開業を2027年(予定)に控え、新しい時代にふさわしい、魅力ある都市公園を創造するため、約1km(外堀通~錦通)に渡るエリアを再整備したものです。

何が変わった?

RAYARD Hisaya-odori Park

①都心3拠点をつなぐ注目エリア

名古屋都心部で、観光や買い物でにぎわうのが「名古屋駅」「栄」「名古屋城」の3エリア。これらが相乗的ににぎわうよう整備されたのが、「Hisaya-odori Park」です。持続的な公園運営を行う民間のPark-PFI事業者として、「ジャズドリーム長島」「ららぽーと愛知東郷」の三井不動産が選ばれました。

RAYARD Hisaya-odori Park

②明るい!歩きまわりやすい!楽しい!

これまでの久屋大通公園は、樹木が生い茂り、静かな環境である一方で、場所によってはうっそうとして暗いイメージもありました。
ところが・・・!
リニューアルによって、広々とした芝生広場やおしゃれな商業施設が並び、明るく開放的な雰囲気に。公園と沿道、地上と地下など、これまで分断され回遊を妨げていた部分を見直し、連続性や一体感をもたせたことで、とても歩き回りやすくなりました。

RAYARD Hisaya-odori Park

③話題性のあるショップがずらり

三井不動産は、公園一体型の商業施設ブランド「RAYARD(レイヤード)※」を発表。RAYARD Hisaya-odori Parkは、東京・渋谷の宮下公園に続き全国で2例目となります。
全35店舗のテナントの中で、名古屋初登場が22店舗、新業態が5店舗と話題性も抜群。公園と連動した体験ができることも特色のひとつで、テイクアウトした食事を芝生広場で楽しんだり、各ショップが開催する野外イベントなどに参加できたりと、過ごし方も自由自在です。

※三井不動産が手掛ける「RAYARD」は、公園+商業施設を一体化した施設の名称で、新しい価値と体験を提供する取り組みのことです(三井不動産サイトより)

▼全体像はこちら。4つのコンセプト/ゾーンに区分されていますが、静かでリラックスできる公園本来の機能から、おしゃれでわくわくする都市リゾートの機能まで、一体感をもたせた配置がなされています。少しずつ雰囲気を変えていく景色を楽しみながら、ゆったりと街歩きができそうですね。

話題性あるテナントがずらり!各エリアの注目ポイントを紹介

ZONE1
 うきうきが止まらない♡ 大型芝生広場を擁する「学びの森ゾーン」

芝生広場が広がり、緑いっぱいの気持ちいい空間。朝ヨガやマーケットなどのイベント会場にも使われる予定です。名古屋初!全米NO.1の子ども向け英語フィットネス「My Gym(マイジム)」やクリエイティブ関連の講座も開催されるブック&カフェ「天狼院書店」、レーザーカッターやUVプリンターなどを揃え、ものづくりや交流のできる「FabCafe Nagoya」が出店。自分磨きの場として活用できます。

ケヤキヒロバ
ケヤキヒロバ
シバフヒロバ
シバフヒロバ
【できる!公園+体験】
天狼院書店
公園でモデル撮影会などの体験も!
クリエイティブが学べる本屋「天狼院書店」
My Gym
楽しみながら英語も上達!全米NO.1の子ども向け英語フィットネス「My Gym」
FabCafe Nagoya
芝生に面したオープンな空間で、展示やイベントもできるものづくりカフェ「FabCafe Nagoya」
◎ここをチェック!「ハンモック」
ハンモックデイ

心地よいBGMが流れる中、ハンモックに揺られて忙しい日常をリセット。バカンス体験ができます。

ZONE2
 ゆるゆる心地いい♪
 小径のそぞろ歩きを楽しむ「アーバンリゾートゾーン」

このエリアは、四季折々のアートやライトアップに彩られ、散策にぴったり。スヌーピーと仲間たちをモチーフにしたアメリカ西海岸風の「PEANUTS Cafe」、イタリアンバル「Arcoba」、“宣教師が愛したフレンチトースト”で有名な「Eloise's café」など、世界旅行気分で楽しめる6つのカフェ・レストランが並んでいます。

◎ここをチェック!「森の小径」
森の小径
森の小径

食事後の散策なら、こちらの静かな脇道を選んでみては。四季を感じる植物とライティングに彩られた特別な空間です。

ZONE3
 わいわいするのが好き! 日常をより豊かにする「コミュニケーションゾーン」

スポーツやアウトドアが好きな人ならきっと大興奮すること間違いなしのエリア。「スポーツコミュニティ」をテーマとしており、芝生広場を活用したアウトドアイベントも開催予定です。アウトドアブランド「Snow Peak」でギアをレンタルすれば、公園でアウトドアを楽しむこともできます。ほかにも、複合型卓球施設「T4 NAGOYA」、中部エリア初進出のアウトドアブランド「karrimor store」、ファッション+バイシクルを楽しむ「narifuri nagoya」など7店舗が出店。

テレビトーヒロバ
【できる!公園+体験】
Snow Peak
公園でタープを設置してみよう!
気になる新ギアお試し体験もできる「Snow Peak」
T4 NAGOYA
青空卓球は最高!
熱くなれる卓球エンタメショップ「T4 NAGOYA」
narifuri nagoya
話題の自転車をレンタルしてお洒落に街を走ろう「narifuri nagoya」
◎ここをチェック!「パークワゴン」
パークワゴン

公園でのんびりと時間を過ごしたい人には、こんな有料サービスも。
公園内に専用ワゴンが置かれ、ボードゲームやピクニック用のワンタッチテント、本などの貸し出しをしています。

ZONE4
 刺激的でワクワク★ 名古屋の魅力を発信する「新たなシンボルゾーン」

新しくなった名古屋テレビ塔の前に全長80mの大きな水盤がお目見え。また、地下と地上をつなぐ空間には、約295インチの大型デジタルサイネージが設置され、イベントの開催や情報発信を行い、まさに情報発信地としての役割を担います。カスタムメイドショップも併設されるラルフローレンのカフェ「ラルフズコーヒー」、大阪で人気の「ROCCA&FRIENDS CREPERIE to TEA」など、話題性のある19店舗が出店。

◎ここをチェック!「ミズベヒロバ」

全長約80mの水盤が続くシンボリックなエリア。夕方から夜の時間帯には、ミストとライトの演出が楽しめます。

ミズベヒロバ
ミズベヒロバ
ワクワクと安らぎを与えてくれる新スポット「RAYARD Hisaya-odori Park (レイヤードヒサヤオオドオリパーク)」。新しい価値や体験が詰まったこの場所に多くの人が集まり、名古屋の街を変えていきそうな予感がしますね。新たな出会いを求めて、ぜひ遊びにきてみてください。

こちらのコラムもチェック!

PR

関連リンク

go to page top

観光情報検索

キーワード検索する

ジャンル別に検索する

  • 観光スポット
  • イベント
  • 特集
  • モデルコース
  • 観光ツアー
  • お土産
  • グルメ
  • 宿泊