閉じる

  1. トップページ
  2. お役立ち情報
  3. なごや観光ルートバス「メーグル」
  4. ルート・乗り場

なごや観光ルートバス「メーグル」

なごやの見どころ、わくわくメーグル!ぐるっとメーグル!

名古屋市内の公共交通機関に詳しくない方でも、目的の観光スポットまで行くことができる観光ルートバス「メーグル」。
一日乗り放題の1DAYチケットでオトクに名古屋市内のいろんな観光スポットを巡ることができます。

  • 名古屋観光はメーグルで。
  • メーグル1DAYチケットで巡ろう
  • 金色のバスが特徴(他のタイプもあり)
  • 土日祝の午前便はガイドボランティアが案内
  • メーグル専用バス停が目印
  • 名古屋駅から乗るときは11番乗り場から。

新着情報
 
(メーグルバスの運行・沿線情報)

めーぐるバス体験記

ルート

Route

  • ※  17:00発の帰路は名古屋城・四間道・ノリタケの森・トヨタ産業技術記念館は立ち寄りません。
  • ※1 往路・帰路が同じバス停より発着しますので乗り間違いにご注意ください。

乗り場マップ

Platform Map

拡大する

  • 名駅エリア
  • 名古屋城~
    徳川エリア
  • 栄エリア
  • 伏見エリア

乗り場近隣のスポット

スカイプロムナード
夜景
スカイプロムナード2
夜景2

0 「名古屋駅」停下車

ミッドランドスクエアの44〜46階にある屋外展望台で、夜は名古屋市内の夜景をほぼ360度のを大パノラマで楽しめます。19時から21時30分まで30分ごとにミストを噴霧。多彩な色に変化する霧が夜景と相まってより幻想的な空間となります。大切な人と出かけたい、とっておきのスポットです。

料金:
大人(18歳以上)750円→500円
中高生・シルバー(65歳以上)500円→300円
小学生300円→無料
開館時間:
11:00~22:00(最終入場は21:30まで)
夏期営業時間(サマータイム)  7/1~9/30 11:00~23:00(最終入場22:30)
冬期営業時間(ウインタータイム)1/初旬~2/末 13:00~21:00(最終入場20:30)
休館日:
無休(荒天時はクローズとなる場合があります)
建物の外観
繊維機械館の紡機と織機の展示
自動車館の車の展示
たくさんの織機が並ぶ様子
鉄を溶かす様子

1 「トヨタ産業技術記念館」停下車

トヨタグループが共同で設立した参加型博物館。グループ発祥の地に残された大正時代の赤レンガ造りの工場を活用した館内には本物の繊維機械やトヨタ初の乗用車など、迫力満点の展示物がズラリ。。動態展示や多彩な実演により「見て」「驚いて」「学ぶ」ことができ、ご家族で楽しめます。

料金:
大人 500円→400円 中高生 300円→240円
小学生 200円→160円
TEL:
052-551-6115
開館時間:
9:30~17:00(入場受付は16:30まで)
休館日:
月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始
ノリタケの森
ノリタケの森 
ノリタケの森
ノリタケの森
ノリタケの森
ノリタケの森
ノリタケの森
ノリタケの森
ノリタケの森
ノリタケの森
ノリタケの森

2 「ノリタケの森 」停下車

緑豊かな園内では、陶磁器の製造工程の見学や絵付け体験ができるクラフトセンター、オールドノリタケやそのデザイン画を展示しているミュージアム、お買い物が楽しめるショップなどがある。見学の合間には、ノリタケ食器を使ったカフェやレストランでの休憩もおすすめ。

料金:
クラフトセンタ一/ 大人 500円→450円
TEL:
052-561-7290
開館時間:
物販施設10:00~18:00(クラフトセンター、ミュージアムは17:00まで)
休館日:
月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始

バリアフリー対応施設状況

メーグル運行ルート
メーグル
運行ルート
地下鉄東山線
地下鉄
東山線
地下鉄鶴舞線
地下鉄
鶴舞線
JR
JR
観光案内所
観光案内所
短縮ルート(名古屋駅17:00発便)
短縮ルート
(名古屋駅
17:00発便)
地下鉄名城線
地下鉄
名城線
地下鉄桜通線
地下鉄
桜通線
私鉄
私鉄

乗り場近隣のスポット

商店街出入り口の装飾
大勢の人が行きかう通り

3 「四間道」停下車

四間道は、名古屋城築城にともなってつくられた商人の町で、土蔵群などが城下町の面影を今に伝えます。狭い路地には長屋などが立ち並び、都心では珍しい下町情緒も楽しめます。古い建物を活用した飲食店や商店街もあり、まち歩きにぴったりなスポットです。

四間道の町並み
四間道の町並み
四間道の町並み
四間道の町並み
四間道の町並み
四間道の町並み
四間道の町並み

3 「四間道」停下車

四間道は、名古屋城築城にともなってつくられた商人の町で、土蔵群などが城下町の面影を今に伝えます。狭い路地には長屋などが立ち並び、都心では珍しい下町情緒も楽しめます。古い建物を活用した飲食店や商店街もあり、まち歩きにぴったりなスポットです。

天主閣(西面)
大天守と小天守
表書院廊下南西角より一之間を見通す
上洛殿一之間北東面
二之丸庭園1
天主閣(ライトアップ)

4 「名古屋城」停下車

徳川家康により築城され、「尾張名古屋は城でもつ」とうたわれる名古屋のシンボルです。金のシャチホコを戴く天守閣や絢爛豪華な本丸御殿、四季折々に趣きある庭園の美しさが見どころです。
第二次世界大戦中に多くの建物が消失しましたが、本丸御殿が復元され2018年に完成公開されました。

料金:
高校生以上 500円→400円
中学生以下無料
TEL:
052-231-1700
開園時間:
9:00~16:30(本丸御殿への入場は16:00まで)
休園日:
12/29~1/1(イベントにより変更あり)
施設の外観
黒門
徳川の家紋と二刀
椅子に座る男性の絵

6 「徳川園・徳川美術館・蓬左文庫」停下車

徳川美術館は、徳川家康の遺品を中心に尾張徳川家の大名道具を常設展示。国宝「源氏物語絵巻」をはじめ国宝9件、重要文化財59件など、一万件余りの収蔵品を順次公開しています。

料金:
大人 1,400円→1,200円 高大生 700円→600円 小中学生 500円→400円 ※土曜は小中高生無料 ※展示内容によって料金が変動致します。
TEL:
052-935-6262
開館時間:
10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:
月曜(祝日の場合は翌日)・12月中旬~年始
黒門
龍仙湖
観仙楼
春・牡丹
夏・浮灯籠
秋・紅葉
冬・雪景色

6 「徳川園・徳川美術館・蓬左文庫」停下車

海に見立てた池を中心に、見どころをぐるりと巡る池泉回遊式庭園。高低差を生かした滝や川などダイナミックな景観が楽しめる。もとは尾張徳川家の邸宅で、正面の黒門には、武家屋敷の面影も。4月中旬から下旬にはボタン、6月上旬から下旬には花ショウブ、11月下旬には紅葉も見ごろに。

料金:
高校生以上 300円→240円 中学生以下 無料
TEL:
052-935-8988 (英語での問い合わせ否)
開館時間:
9:30~17:30(入園は17:00まで)
休館日:
月曜日(祝日にあたる場合はその直後の平日)、年末年始(12/29~1/1)
外観1
外観入口
エントランスホール
閲覧室
ガイダンスホール1
ガイダンスホール2

6 「徳川園・徳川美術館・蓬左文庫」停下車

蓬左文庫では、尾張徳川家の旧蔵書を中心に、和漢の優れた古典籍など約11万点を所蔵・公開する。

料金:
大人 1,400円→1,200円 高大生 700円→600円 小中学生 500円→400円 ※土曜は小中高生無料 ※展示内容によって料金が変動致します。
TEL:
052-935-2173
開館時間:
【展示室】10:00~17:00(入館は16:30まで)
【閲覧室】09:30~17:00(12:00~13:00は書庫内資料の出納ができません)
休館日:
月曜日(祝日の場合は翌平日)、12月中旬(特別整理)、年末年始(12/29~1/3)
館内展示風景(貨幣コーナー)
館内展示風景(浮世絵コーナー)
歌川広重 保永堂版東海道五拾三次 -日本橋-

6 「徳川園・徳川美術館・蓬左文庫」停下車

現存3枚という豊臣秀吉が作らせた世界最大の金貨「天正沢瀉大判」、クレオパトラ女王が描かれた銀貨等、国内外の珍しい貨幣約1万点を体系的に展示し、日本有数のコレクションと高く評価されている。また、「東海道五拾三次」に代表される歌川広重の版画類を展示している。

料金:
無料
TEL:
052-933-5151
開館時間:
9:00~16:00(入館は15:30まで)
休館日:
月曜・祝日・年末年始
外観
大広間
文学資料室(展示室5)
旧婦人室(展示室2)
城山三郎書斎(展示室6)
舞台衣装・ポスター(展示室1)
貞奴

7 「文化のみち二葉館」停下車

「日本の女優第1号」として有名な川上貞奴と、「電力王」と呼ばれた福沢桃介が暮らした邸宅。大正時代、和洋折衷の建物は「二葉御殿」と呼ばれ、当時の様子を復元した邸内は実に華やか。貞奴愛用の品や郷土ゆかりの文学資料といった展示品の中でも、大広間のステンドグラスは必見!

料金:
高校生以上 200円→160円 中学生以下 無料
TEL:
052-936-3836
開館時間:
10:00~17:00
休館日:
月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始
中庭から撮影した外観
正面からの外観
廊下から撮影した中庭
大きな和室
離れにある茶室
洋館の展示室

7 「文化のみち二葉館」停下車

陶磁器貿易商として活躍した井元為三郎が、大正末期から昭和初期に建てた邸宅です。敷地内には和館、洋館、東西二棟の蔵、茶室、庭園が残されており、現在は名古屋市有形文化財、景観重要建造物に指定されています。

料金:
高校生以上 200円→160円 中学生以下無料
TEL:
052-939-2850
開館時間:
10:00~17:00
休館日:
月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始(12/29~1/3)
正面玄関
綺麗なチューリップ越しの外観
沢山のチューリップ
色とりどりの花

7 「文化のみち二葉館」停下車

大正9年(1920年)に建てられた書院・茶室・土蔵を改修し、また、多目的ホールを新築して平成19年(2007年)4月に開館しました。
徳川美術館所蔵の百花百草図屏風(重要文化財)にちなんだ庭園は、四季を通じて楽しめます。ホールでは、庭園を見ながらお茶やピアノ演奏が楽しめます。

料金:
高校生以上 500円
小中学生 200円
TEL:
052-931-1036
開館時間:
10:00~16:00
休館日:
日曜~火曜日、年末年始
旧春田鉄次郎邸
旧春田鉄次郎邸
旧春田鉄次郎邸

7 「文化のみち二葉館」停下車

陶磁器貿易商として成功し、太洋商工株式会社を設立した春田鉄次郎が建築家の武田五一に依頼し建てたと言われています。春田邸は、洋館と奥にある和館で構成されており、昭和22年~32年頃まで米軍第五航空隊司令部により一時接収されました。
現在は、洋館1階部分が創作フランス料理のレストランとして使用されています。
建物見学を希望の方は、東隣の旧豊田佐助邸まで。(※レストランは見学不可)

料金:
無料
TEL:
052-222-2314/名古屋まちづくり公社
開館時間:
10:00~15:30
休館日:
月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始(12/29~1/3)
堀美術館

7 「文化のみち二葉館」停下車

堀美術館は、株式会社ダイテックグループ創業者 堀 誠のコレクションを一般公開するために平成18年6月にオープンした美術館です。当美術館は主に昭和初期にパリに留学し、日本的な洋画を生み出そうと努力した「熱き芸術の時代」の芸術家たちの作品を展示しています。これら昭和に活躍した近代日本画を代表する作家の傑作並びに現代アート作品を展示しています。

料金:
大人 1,000円→800円
学生 500円→300円
TEL:
052-979-5717
開館時間:
13:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:
月~木曜日(祝日は除く)、資料整理日、夏季休暇、年末年始
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸

7 「文化のみち二葉館」停下車

豊田佐助は、発明王・豊田佐吉の弟で佐吉を支えた実業家です。
当時、長塀町に佐吉邸、白壁町に豊田喜一郎邸と豊田利三郎邸もありましたが、現存するのはこの佐助邸のみで、利三郎邸は門と塀だけが残っています。
佐助邸は、大正12年(4年の説も)に建てられた白いタイル張りの木造の洋館と広い間取りの和館で構成されています。洋館の1階には、蓮の蕾の形の照明。吊元の装飾、鶴にトヨダの文字をデザインした換気口が見られます。

料金:
無料
TEL:
052-222-2314/名古屋まちづくり公社
開館時間:
10:00~15:30
休館日:
月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始(12/29~1/3)
名古屋市市政資料館 正面右側
名古屋市市政資料館 中央階段
名古屋市市政資料館 中央階段室部分
名古屋市市政資料館 復原会議室

8 「市政資料館南」停下車

大正11年に建てられた旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎。ネオ・バロック様式レンガ造りの建物は、国の重要文化財に。現在は名古屋市の公文書館として、市政に関する資料を保存・公開。留置場など司法に関する展示のほか、中央階段室のステンドグラスは一見の価値あり。

料金:
無料
TEL:
052-953-0051 (英語での問い合わせ否)
開館時間:
9:00~17:00
休館日:
月曜(祝日の場合は直後の平日)、第3木曜日(休日の場合は第4木曜日)、12月29日~1月3日

バリアフリー対応施設状況

メーグル運行ルート
メーグル
運行ルート
地下鉄東山線
地下鉄
東山線
地下鉄鶴舞線
地下鉄
鶴舞線
JR
JR
観光案内所
観光案内所
短縮ルート(名古屋駅17:00発便)
短縮ルート
(名古屋駅
17:00発便)
地下鉄名城線
地下鉄
名城線
地下鉄桜通線
地下鉄
桜通線
私鉄
私鉄

乗り場近隣のスポット

大きく白いテレビ塔

9 「名古屋テレビ塔」停下車

1954年に日本初の集約電波鉄塔として建設された名古屋テレビ塔。
開業以来初となる、全体改修工事を行い2020年9月18日にリニューアルオープン予定。
地上90m・100mの展望台の他、3階には栄の街並みを見ながらくつろげるカフェや、グッズショップ等を展開予定。66年の歴史を経て、新しい街のシンボルとして生まれ変わります。

休館日:
※2019年1月7日~2020年9月17日 全体改修工事のため休館
上から撮影した全体像
青色に光るオアシス21
水の宇宙船
昼間のオアシス21の外観
椅子に座りお話をするたくさんの人
青色に光るオアシス21
オレンジ色に光るオアシス21
紫色に光るオアシス21
水色に光るオアシス21

9 「名古屋テレビ塔」停下車

バスターミナルとしての機能を備えた立体型公園。ガラスでできた大屋根「水の宇宙船」では地上14mの空中散歩が楽しめ、「銀河の広場」では毎週のように賑やかなイベントが繰り広げられる。バラエティあふれるショップや飲食店も並び、まさに都会のオアシスとして、ひと息入れるのにピッタリ。

TEL:
052-962-1011(英語での問い合わせ否)
開館時間:
「水の宇宙船」10~21時、物販店 10~21時、飲食店 10~22時、サービス店 10~20時(一部店舗により異なる)
休館日:
1月1日、年2回臨時休業日有り
愛知芸術文化センター 外観
愛知芸術文化センター 小ホール
愛知芸術文化センター 大ホール
愛知芸術文化センターコンサートホール
愛知芸術文化センター 愛知県美術館

9 「名古屋テレビ塔」停下車

名古屋の都心、栄地区に立地する大型複合文化施設。愛知県美術館、愛知県芸術劇場などさまざまな機能をもち、展覧会、コンサートなど、多くの催しが開かれている。レストランやアートライブラリーなどもあり、いつ立ち寄っても、楽しさいっぱい!

TEL:
052-971-5511
開館時間:
施設によって異なる
休館日:
【美術館】
月曜(祝休日の場合、翌平日)・年末年始・改修工事期間
【劇場】
第1・3月曜(祝休日の場合、翌平日)・年末年始・改修工事期間
【文化情報センター(アートスペース、アートライブラリー、アートプラザ)】
月曜(祝休日の場合、翌平日)・年末年始・アートライブラリーは第3火曜日(祝休日の場合、翌平日)・整理期間(年間15日以内)
建物外観
内装1
内装2
内装3
内装4

10 「広小路栄」停下車

クリエイターの商品販売や活動を支援する「クリエイターズショップ・ループ」(B1)や、デザイナーや企業の発表の場「デザインギャラリー」(4F)などで広くデザインの世界を紹介。デザインの世界に触れる・楽しむ、デザインの創造支援拠点。

料金:
無料
TEL:
【クリエイターズショップ・ループ】
052-265-2106(英語での問い合わせ否)
【デザインギャラリー】
052-265-2126(会期中会場専用/英語での問い合わせ否)
【国際デザインセンター・事業部】
052-265-2105(平日9:00~17:30/英語での問い合わせ可)
休館日:
【クリエイターズショップ・ループ】
1月1日、ほか入替日、入替期間(3月中旬~4月中旬)
【デザインギャラリー】
火曜、年末年始ほか調整日

バリアフリー対応施設状況

メーグル運行ルート
メーグル
運行ルート
地下鉄東山線
地下鉄
東山線
地下鉄鶴舞線
地下鉄
鶴舞線
JR
JR
観光案内所
観光案内所
短縮ルート(名古屋駅17:00発便)
短縮ルート
(名古屋駅
17:00発便)
地下鉄名城線
地下鉄
名城線
地下鉄桜通線
地下鉄
桜通線
私鉄
私鉄

乗り場近隣のスポット

天文館の外観
建物の全体像
施設内のプラネタリウム
電気実験の様子
噴水越しの外観

11 「広小路伏見」停下車

ドーム内径35mの世界最大のプラネタリウムドーム「Brother Earth」の球体を強調した外観デザインに加え、マイナス30℃の部屋でのオーロラ映像や高さ9mの人工竜巻など、自然の驚異を体感できるエンターテイメント性豊かな四つの大型展示も必見!また、太陽光発電や壁面緑化、制振構造やエレベータ構造の可視化を図るなど、建物自体が展示装置となっている。

料金:
展示室とプラネタリウム/大人:800円→720円
高大生:500円→450円 中学生以下:無料
展示室のみ/大人:400円→360円
高大生:200円→180円 中学生以下:無料(高大生は要学生証)
TEL:
052-201-4486(英語での問い合わせ否)
開館時間:
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:
月曜(祝日の場合直後の平日)、第3金曜(祝日の場合第4金曜)、年末年始
芸術的な外観

11 「広小路伏見」停下車

白川公園の中に建つ、黒川紀章氏設計のモダンな建物。モディリアーニをはじめとするエコール・ド・パリ、メキシコ・ルネサンス、国内外の現代美術、郷土作家の作品を約6,000点収蔵する。公園内には、内外の有名作家による彫刻作品も飾られ、散歩しながら芸術に出会える。

料金:
常設備/大人:300円→250円
高大生:200円→150円 中学生以下:無料
TEL:
052-212-0001
開館時間:
9:30~17:00(入場は16:30まで)、祝日を除く金曜は20:00(入場は19:30まで)
休館日:
月曜(祝日の場合は翌平日)・年末年始(但し、臨時休館あり)
でんきの科学館
でんきの科学館
でんきの科学館
でんきの科学館
でんきの科学館
でんきの科学館
でんきの科学館
でんきの科学館
でんきの科学館
でんきの科学館

11 「広小路伏見」停下車

電気やエネルギー、地球環境について、楽しく学べる科学館。科学のふしぎを遊びながら体験するコーナーや、いろいろな工作や実験にも参加できる。また、自分の顔を取り込んでクイズやゲームに挑戦する「オームシアター」など、ワクワクドキドキとまらない体験がいっぱい!

料金:
無料
TEL:
052-201-1026
開館時間:
9:30~17:00
休館日:
月曜日(祝日又は振替休日の場合は翌日)、第3金曜日(8月は除く)、12/28~1/4

バリアフリー対応施設状況

メーグル運行ルート
メーグル
運行ルート
地下鉄東山線
地下鉄
東山線
地下鉄鶴舞線
地下鉄
鶴舞線
JR
JR
観光案内所
観光案内所
短縮ルート(名古屋駅17:00発便)
短縮ルート
(名古屋駅
17:00発便)
地下鉄名城線
地下鉄
名城線
地下鉄桜通線
地下鉄
桜通線
私鉄
私鉄

関連リンク

go to page top

観光情報検索

キーワード検索する

ジャンル別に検索する

  • 観光スポット
  • イベント
  • 特集
  • モデルコース
  • 観光ツアー
  • お土産
  • グルメ
  • 宿泊