閉じる

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 第6回きしころスタンプラリー

名古屋駅, 栄・伏見, 南部, 西部, 東部, 名古屋近郊

第6回きしころスタンプラリー

開催日:2020年7月1日(水) ~ 8月31日(月)
このイベントは終了しました。
  • 第6回きしころスタンプラリー ポスター画像
  • みそ煮込みの角丸「すだちかかめきしころ」の画像
  • 第6回きしころスタンプラリー ポスター画像

2015年から始まった「きしころ スタンプラリー」が、今年で第6回を迎えます。

名古屋エリアでは、冷たい麺を“ころ”と呼び、冷たいきしめんは「きしころ」と呼ばれます。
茹でたきしめんを冷水で締めると、きしめん本来の腰が明確になります。店によっては噛み切れないほど。
テロテロな麺に仕上げる店もあれば、超幅広に仕上げるお店も。

なごやめし最古参とも言えるきしめんの奥深さを、ぜひこの機会にお楽しみください。

きしころスタンプラリーの参加方法

今回は37店が参加。回れば回るほどきしめんの多彩さ繊細さが分かります。
5店回るごとに、参加店舗で使える500円券がもらえます。

※スタンプラリー台紙は参加店舗で配布

きしめん・きしころの製法・種類について

きしめんには、国内でも稀な赤いつゆと白いつゆがあります。
“卵とじうどん”や名古屋のみの“志の田うどん”は白いつゆです。
みそ煮込みの角丸(東区)やチトセ屋(東区)では、赤白の食べ比べができます。

手打きしめんは、薄く伸ばすために塩分多めでうどん粉を捏ねて、踏んで、12~24時間寝かして、腰を出して、伸ばします。
うどんよりも薄いため、同じ量を得るためには伸ばすのも大変。
多くのうどん屋さんはきしめんをやりたくないと言うほど、手強い麺です。
その薄く伸ばした麺を茹でることで塩分は茹で湯に出て、繊細なムロ味だしのつゆと相性が良くなります。

きしころスタンプラリーとは…

きしめんが絶滅危惧食ともいわれるほど衰退し始めていた2015年当時、東区の愛知県麺類組合の若者たちが親組合である愛知県麺類組合の協力を得て手づくりで始めた企画。

詳細

日程 2020年7月1日(水) ~ 8月31日(月)
時間 店舗により異なる
開催場所 名古屋市内・近郊の名店37店
お問い合わせ先 愛知県めんるい組合事務局
TEL 052-451-5415

※掲載内容は現在と異なる場合がございます。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

関連リンク

go to page top

観光情報検索

キーワード検索する

ジャンル別に検索する

  • 観光スポット
  • イベント
  • 特集
  • モデルコース
  • 観光ツアー
  • お土産
  • グルメ
  • 宿泊