名古屋城金鯱展 | 【公式】名古屋市観光情報「名古屋コンシェルジュ」

閉じる

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 名古屋城金鯱展

北部

名古屋城金鯱展

開催日:2021年3月20日(土・祝) ~ 4月2日(金)
このイベントは終了しました。
  • 名古屋城金鯱展メイン画像
  • 名古屋城金鯱展の金シャチ

16年ぶりに地上へ降りる金鯱を展示する「名古屋城金鯱展」を開催します。
名古屋城内に巨大なアートギャラリーが出現。海と山に見立てた会場に、金鯱をインスタレーション(空間芸術)のように展示します。

※2021年7月11日(日)まで、ミツコシマエ ヒロバスにて金鯱をご覧いただけます。
>>名古屋城金シャチ特別展覧

特別企画「名古屋城 金鯱展 ~守り神降臨、海と山の祈り~」

遥かユーラシア大陸を旅してきた鯱のルーツや、古今東西、災厄と向き合ってきた鯱の仲間たちを独創的な絵図(イラスト:2yang)で表現。

3つのコース

名古屋城金鯱展 会場案内図
①スタンダードコース
海シャチ・山シャチが織りなす世界観を体感できます。
イラストレーター 2yang氏の絵図展示の後、全方向から鑑賞できる「山シャチ」と、水盤に浮かぶ「海シャチ」をお楽しみいただけるコースです。

②ショートコース
海シャチ・山シャチの姿を短時間で楽しめる、お時間のない方におすすめのコースです。

③フォトコース】(有料)
フォトコースをご利用する方のみが立ち入れるスポットで、「海」に浮かぶ金鯱の近くで記念撮影ができるコースです。写真撮影は、名古屋城で活躍する専属のカメラマン。撮影した写真はその場で、「名古屋城 金鯱展」オリジナルデザインの台紙に入れてお渡しします。データもプレゼント!

<フォトコース参加方法>
・参加料
 1組2,000円(税込)
・参加方法
 名古屋城金鯱展特設ウェブサイトから事前にお申込みいただくか、整理券(当日配布)が必要となります。

※金鯱に触ることはできません。​
金鯱土鈴(限定1000個 復刻)
金鯱土鈴(限定1000個 復刻)
名古屋城 金の御城印
金の御城印
名古屋城 金シャチクリップス
金シャチクリップス

スポット情報

天主閣(西面)

名古屋城

1610年(慶長15年)、徳川家康は子義直の居城として名古屋城の普請を開始。戦災で焼失したが1959年(昭和34年)、金のシャチをいただく五層の大天守閣(約48m)と小天守閣(約24m)が再建されました。
全国の武将隊ブームのさきがけとなった「名古屋おもてなし武将隊」が毎日城門でお客様をお出迎えします。土曜日には「おもてなし演武」も行われます。
また、10年に及ぶ本丸御殿の復元工事が終わり、2018年(平成30年)6月8日から全面公開されています。
スポット詳細を見る

現在はミツコシマエ ヒロバスで金鯱をご覧いただけます!(~7/11まで)

  名古屋城金シャチ特別展覧
  名古屋城金シャチ特別展覧

詳細

日程 2021年3月20日(土・祝)~3月25日(木) 9:00~16:30
 ※閉門17:00、本丸御殿への入場は16:00まで
2021年3月26日(金)~4月2日(金) 9:00~19:30
 ※閉門20:00、本丸御殿への入場は19:00まで
開催場所 名古屋城ニ之丸広場
料金 「名古屋城金鯱展」への入場は無料
※名古屋城観覧料(大人500円、市内在住65歳以上100円、中学生以下無料)が必要
※現在、天守閣には入場できません。
お問い合わせ先 名古屋城総合事務所
TEL 052-231-1700
FAX 052-201-3646
アクセス ●地下鉄
名城線「市役所」駅下車、7番出口より徒歩5分
●なごや観光ルートバス『メーグル』
・「名古屋城」停下車すぐ
・「名古屋城東・市役所」停下車、徒歩6分

※掲載内容は変更となる場合があります。最新の情報は公式ホームページ等にてご確認ください。

アクセスマップ

キーワード

エリア >  北部

周辺情報 一緒に廻れるオススメスポット

関連リンク

go to page top

観光情報検索

キーワード検索する

ジャンル別に検索する

  • 観光スポット
  • イベント
  • 特集
  • モデルコース
  • 観光ツアー
  • お土産
  • グルメ
  • 宿泊