名古屋城 秋の夜間特別公開 | 【公式】名古屋市観光情報「名古屋コンシェルジュ」

閉じる

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 名古屋城 秋の夜間特別公開

北部

名古屋城 秋の夜間特別公開

なごやじょう あきのやかんとくべつこうかい

開催日:2022年11月25日(金) ~ 12月8日(木)
このイベントは終了しました。

紅葉の季節にあわせて、名古屋城の開園時間を延長し、「名古屋城 秋の夜間特別公開」を開催します。本丸御殿の夜間公開や二之丸庭園の特別観覧をはじめ、創造的な文化芸術事業を組み合わせ、普段とは異なる角度から名古屋城を楽しめます!

特別公開                               

二之丸庭園特別観覧

二之丸庭園は二之丸御殿の北側に造られた、日本随一の規模を誇る回遊式大名庭園です。明治期には陸軍用地となり一部を残して大幅に改造されてしまいましたが、近年、往時の姿を蘇らせるべく発掘調査と復元整備が進められています。変化に富んだ地形のつくりや豪壮な石組など近世の大名庭園の様子を感じさせる「北御庭」と、近代の陸軍により明治期に造園された「前庭」が一体の調和を成し、国の名勝に指定されています。モミジやイチョウなどの美しい紅葉もお楽しみいただけます。
豪壮な石組の「北御庭」

本丸御殿夜間公開

普段は入ることのできない夜の本丸御殿を特別に公開。夕暮れ時から闇が深くなるにつれて、本丸御殿も少しずつ表情を変えていきます。今回の特別公開では、江戸幕府将軍が滞在した上洛殿「上段之間」の北側に設えられた「菊之廊下」を初公開。期間内は、対面所「次之間」の室内に入ってご観覧いただけます。障壁画「風俗図」を普段より近くで観ることができます。
菊之廊下
猿猥月捉図
対面所(風俗図)
ステージ演出

音と光と名古屋城

本丸御殿中庭は背後に天守閣がそびえ立つ特別な場所で、決して大きくはないですが周囲の喧騒からすっと逃れられる静謐な空間となっています。

【日程・登壇者】11月26日(土) 優河
        11月27日(日) ROTH BART BARON
        12月4日(日)  山崎阿弥

満月の夜城朗読会

時代の変遷を見つめてきたこの場所は、たくさんの記憶が眠る場所でもあります。暮夜をむかえたこの場所に耳を澄ませてみると、読まれたテキストとともに、この地に眠る複数の声が、さまざまな感情が聴こえてくるかもしれません。

【日程】2022年12月8日(木) 
【登壇者】小泉今日子

名古屋城コミュニティ・アーカイブスの可能性

地域に暮らす人々の記憶や記録のなかで名古屋城はどのように描かれているのでしょうか。コミュニティ・アーカイブスの可能性を探ります。

【日程】11月29日(火)
【登壇者】小西恒典(秀吉清正記念館)、松本 篤(AHA!)、はがみちこ(京都市立芸術大学)
【コーディネート】服部浩之

詳細

日程 2022年11月25日(金) ~ 12月8日(木)
時間 9:00~19:30まで(閉門20:00)
※11月26日(土)、27日(日)、12月3日(土)、4日(日)、8日(木)は9:00~20:30まで(閉門21:00)
※本丸御殿への入館は閉門の1時間前まで
※西の丸御蔵城宝館への入場は16:00まで
開催場所 名古屋城内
料金 大人:500 円、中学生以下:無料、名古屋市内高齢者(敬老手帳持参の方):100円、障害者手帳をご提示の方:無料(付き添い2名まで)
アクセス 《公共交通機関をご利用の場合》
【地下鉄】名城線「市役所」下車7番出口より徒歩5分
鶴舞線「浅間町」下車1番出口より徒歩12分
【市バス】栄13号系統(栄~安井町西)「名古屋城正門前」下車すぐ
なごや観光ルートバス(メーグル)「 名古屋城」下車すぐ、
「名古屋城東・市役所」下車徒歩6分
基幹2号系統「市役所」下車徒歩5分
【名鉄】瀬戸線「東大手」下車徒歩15分

《お車をご利用の場合》
名古屋高速1号楠線「黒川」出口から南へ8分
名古屋高速都心環状線「丸の内」出口から北へ5分
駐車場 【正門前駐車場】
利用時間|8:45~21:30
収容台数|308台(普通車) 
料金|30分以内ごと180円 

【二の丸東駐車場】
利用時間|8:30~22:30
収容台数|123台(普通車)
料金|30分以内ごと180円 

※掲載内容は変更となる場合があります。最新の情報は公式ホームページ等にてご確認ください。

アクセスマップ

おすすめ特集

関連リンク

go to page top

観光情報検索

キーワード検索する

ジャンル別に検索する

  • 観光スポット
  • イベント
  • 特集
  • モデルコース
  • 観光ツアー
  • お土産
  • グルメ
  • 宿泊