企画展「家康とごはん 名古屋城でいただきます」 | 【公式】名古屋市観光情報「名古屋コンシェルジュ」

閉じる

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 企画展「家康とごはん 名古屋城でいただきます」

北部

企画展「家康とごはん 名古屋城でいただきます」

きかくてん「いえやすとごはん なごやじょうでいただきます」

開催日:2023年1月1日(日・祝) ~ 3月5日(日)

※新型コロナウイルス感染症の影響により、掲載内容は変更となる場合があります。
最新の情報は、公式ホームページ等にてご確認ください。

名古屋城は、徳川家康が息子の義直(初代尾張藩主)のために建てた城です。家康自身、何度も名古屋城を訪れ、大坂夏の陣の直前の慶長20年(1615年)4月には、名古屋城本丸御殿での義直と春姫(初代和歌山藩主・浅野幸長の娘)の婚儀を見届けてから、出陣しています。
その後も名古屋城は、3代将軍徳川家光など多くの貴人を迎え、饗応や宴の場となりました。
この展覧会では、名古屋東照宮に秘蔵されてきた徳川家康画像や、饗応の場となった本丸御殿表書院を飾った襖絵(重要文化財)、名古屋城に伝来した食にまつわる品などが紹介されています。

重要文化財
松竹禽鳥図襖絵(まつたけきんちょうずふすまえ)

表書院上段之間の南面を飾っていた襖絵。中でも上段之間は、他四室より畳面が一段高く、表書院のうち最上格の部屋となっていました。最上位の貴人が座る北側上段之間の上座は、襖絵と向かい合う位置でした。

松竹禽鳥図襖絵
名古屋城本丸御殿表書院上段之間南側襖
慶長19年(1614) 名古屋城総合事務所蔵

重要文化財
松竹禽鳥図襖絵(まつたけきんちょうずふすまえ)

表書院上段之間の南面を飾っていた襖絵。中でも上段之間は、他四室より畳面が一段高く、表書院のうち最上格の部屋となっていました。最上位の貴人が座る北側上段之間の上座は、襖絵と向かい合う位置でした。

東照宮縁起絵巻 巻二(とうしょうぐうえんぎえまき まきに)(部分)

関ケ原合戦と大坂夏の陣の勝利により家康が天下を掌握し、元和2年(1616年)、太政大臣宣下を受けるまでが描かれた絵巻です。
上段之間に座る家康と二代将軍秀忠(家康の三男)に、駿府城を訪れた後水尾天皇の勅使三人が大広間下段之間に並び、挨拶する場面。その左は、秀忠が勅使に饗応の膳をふるまっています。
豪華な本膳・一の膳・二の膳が並べられ、二の膳には大きな伊勢海老、床の間には掛軸と立花が飾られています。

東照宮縁起絵巻 巻二
寛政6年(1794) 名古屋東照宮蔵

東照宮縁起絵巻 巻二(とうしょうぐうえんぎえまき まきに)(部分)

関ケ原合戦と大坂夏の陣の勝利により家康が天下を掌握し、元和2年(1616年)、太政大臣宣下を受けるまでが描かれた絵巻です。
上段之間に座る家康と二代将軍秀忠(家康の三男)に、駿府城を訪れた後水尾天皇の勅使三人が大広間下段之間に並び、挨拶する場面。その左は、秀忠が勅使に饗応の膳をふるまっています。
豪華な本膳・一の膳・二の膳が並べられ、二の膳には大きな伊勢海老、床の間には掛軸と立花が飾られています。

祝膳復元(いわいぜんふくげん)

寛政10年(1798年)4月、江戸の尾張藩上屋敷で行われた、斉朝(十代尾張藩主)の養子入りを祝う食膳の一部を復元したものです。
本膳の膾(生の魚)は、赤貝と鯛のお刺身に細く切った栗や葉物をあしらい、金柑の実を添えています。汁は、四角に切ったはんぺいに、ゴボウと葉のついた小大根を入れたおすまし。三の膳の汁は赤味噌で、貝割菜を散らしています。お向うは鰻と鯛の焼物。鰻は、お武家ですから開かずに筒切りです。魚を主体に、季節の薬味や野菜をたくさん使った、いかにもおいしそうな御膳です。

祝膳復元
名古屋城総合事務所蔵

祝膳復元(いわいぜんふくげん)

寛政10年(1798年)4月、江戸の尾張藩上屋敷で行われた、斉朝(十代尾張藩主)の養子入りを祝う食膳の一部を復元したものです。
本膳の膾(生の魚)は、赤貝と鯛のお刺身に細く切った栗や葉物をあしらい、金柑の実を添えています。汁は、四角に切ったはんぺいに、ゴボウと葉のついた小大根を入れたおすまし。三の膳の汁は赤味噌で、貝割菜を散らしています。お向うは鰻と鯛の焼物。鰻は、お武家ですから開かずに筒切りです。魚を主体に、季節の薬味や野菜をたくさん使った、いかにもおいしそうな御膳です。

スポット情報

天主閣(西面)

名古屋城

1610年(慶長15年)、徳川家康は子義直の居城として名古屋城の普請を開始。戦災で焼失したが1959年(昭和34年)、金のシャチをいただく五層の大天守閣(約48m)と小天守閣(約24m)が再建されました。
全国の武将隊ブームのさきがけとなった「名古屋おもてなし武将隊」が毎日城内でお客様をお出迎えします。土・日・祝には「おもてなし演武」も行われます。
また、10年に及ぶ本丸御殿の復元工事が終わり、2018年(平成30年)より全面公開されています。
スポット詳細を見る

詳細

日程 2023年1月1日(日・祝) ~ 3月5日(日)
時間 9:00~16:30(最終入館16:00)
開催場所 名古屋城西の丸御蔵城宝館 企画展
料金 大人:500円 名古屋市内高齢者:100円 中学生以下:無料
お問い合わせ先 名古屋城総合事務所 名古屋城調査研究センター
TEL 052-231-1700
FAX 052-201-3646
ホームページURL https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/
アクセス ●地下鉄
名城線 「名古屋城」 下車 7番出口より徒歩 5分

●市バス
栄13号系統(栄~安井町西) 「名古屋城正門前」
なごや観光ルートバス「メーグル」
なごや観光ルートバス「メーグル」の案内
基幹2号系統 「市役所」 下車 徒歩5分

●名鉄
瀬戸線 「東大手」 下車 徒歩15分

※掲載内容は変更となる場合があります。最新の情報は公式ホームページ等にてご確認ください。

アクセスマップ

おすすめ特集

関連リンク

go to page top

観光情報検索

キーワード検索する

ジャンル別に検索する

  • 観光スポット
  • イベント
  • 特集
  • モデルコース
  • 観光ツアー
  • お土産
  • グルメ
  • 宿泊