ジブリパーク(2022年11月1日オープン) | 【公式】名古屋市観光情報「名古屋コンシェルジュ」

閉じる

  1. トップページ
  2. 観る・楽しむ
  3. 観光スポット
  4. ジブリパーク(2022年11月1日オープン)

名古屋近郊

ジブリパーク(2022年11月1日オープン)

じぶりぱーく

※新型コロナウイルス感染症の影響により、掲載内容は変更となる場合があります。
最新の情報は、公式ホームページ等にてご確認ください。

  • ジブリパーク_ロゴ
  • ジブリパーク_ジブリの大倉庫
  • ジブリパーク_
  • ジブリパーク_

世界に誇るスタジオジブリの世界を体感!

2022年11月、スタジオジブリの世界を表現した公園施設「ジブリパーク」が愛・地球博記念公園内に誕生します。
パーク内にはスタジオジブリの名作の世界を表現した5つのエリアが誕生し、まるで映画の主人公になったような気分で作品の世界を体感できます。
2022年11月には、「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」が、2023年度には、「もののけの里」と「魔女の谷」が完成予定です。

エリアマップ
エリアマップ

2022年11月1日オープン予定のエリア

青春の丘

来場者を迎え、“ジブリの世界”へと導いてくれるメインゲートです。平成初めの住宅地を感じさせるような風景が最大の特徴です。

<主な演示の内容>
・映画『耳をすませば』に登場するアンティーク家具や時計の修理・販売を行う店「地球屋」
・映画『耳をすませば』に登場するロータリーをイメージした「ロータリー広場」
・映画『猫の恩返し』に登場する建物「猫の事務所」

青春の丘

来場者を迎え、“ジブリの世界”へと導いてくれるメインゲートです。平成初めの住宅地を感じさせるような風景が最大の特徴です。

<主な演示の内容>
・映画『耳をすませば』に登場するアンティーク家具や時計の修理・販売を行う店「地球屋」
・映画『耳をすませば』に登場するロータリーをイメージした「ロータリー広場」
・映画『猫の恩返し』に登場する建物「猫の事務所」

青春の丘エリア
青春の丘エリア

©Studio Ghibli

ジブリの大倉庫

かつて室内プールとして使用していたエリアを屋内施設「ジブリの大倉庫」としてリニューアル。「倉庫」らしさと懐かしさを感じる和洋折衷の空間をイメージしており、ジブリ作品のさまざまなものを集めた展示室、遊び場、売店・喫茶、収蔵施設などで構成されています。

<主な演示の内容>
・映画『借りぐらしのアリエッティ』に登場するアリエッティやその家族が暮らす「床下の家」と彼女たちの目線で見た植物の茂る「小人の庭」
・映画『天空の城ラピュタ』に登場する廃墟となったラピュタの「天空の庭」
・映画『天空の城ラピュタ』に登場する「空飛ぶ巨大な船」
・子どもたちが映画『となりのトトロ』の世界で遊べる部屋 など

ジブリの大倉庫

かつて室内プールとして使用していたエリアを屋内施設「ジブリの大倉庫」としてリニューアル。「倉庫」らしさと懐かしさを感じる和洋折衷の空間をイメージしており、ジブリ作品のさまざまなものを集めた展示室、遊び場、売店・喫茶、収蔵施設などで構成されています。

<主な演示の内容>
・映画『借りぐらしのアリエッティ』に登場するアリエッティやその家族が暮らす「床下の家」と彼女たちの目線で見た植物の茂る「小人の庭」
・映画『天空の城ラピュタ』に登場する廃墟となったラピュタの「天空の庭」
・映画『天空の城ラピュタ』に登場する「空飛ぶ巨大な船」
・子どもたちが映画『となりのトトロ』の世界で遊べる部屋 など

ジブリの大倉庫
ジブリの大倉庫
ジブリの大倉庫 見取り図

©Studio Ghibli

どんどこ森

映画 『となりのトトロ』に登場する「サツキとメイの家」を中心とした昭和の田園景観をイメージしており、ジブリパークの中でも緑に囲まれた自然の多いエリアです。「サツキとメイの家」の裏山には木製遊具「どんどこ堂」、また周りの山には四季が感じられる散策路が設置されます。

<主な施設の内容>
・映画 『となりのトトロ』に登場する「サツキとメイの家」(既設)
・どんどこ堂(木製遊具)
・散策路等
・スロープカー
・管理棟
・サブゲート棟(改修・増築)

どんどこ森

映画 『となりのトトロ』に登場する「サツキとメイの家」を中心とした昭和の田園景観をイメージしており、ジブリパークの中でも緑に囲まれた自然の多いエリアです。「サツキとメイの家」の裏山には木製遊具「どんどこ堂」、また周りの山には四季が感じられる散策路が設置されます。

<主な施設の内容>
・映画 『となりのトトロ』に登場する「サツキとメイの家」(既設)
・どんどこ堂(木製遊具)
・散策路等
・スロープカー
・管理棟
・サブゲート棟(改修・増築)

どんどこ堂
サツキとメイの家

©Studio Ghibli

2023年度オープン予定のエリア

もののけの里

映画『もののけ姫』のエミシの村とタタラ場をもとにした和風の里山的風景をイメージしています。園内には、体験学習施設となる「タタラ場」や「炭焼き小屋」、休憩処などが設置予定です。

<主な施設の内容>
・映画『もののけ姫』に登場する「タタラ場」(学習施設)
・映画『もののけ姫』に登場する「炭焼き小屋」
・休憩処
・遊具等

もののけの里

映画『もののけ姫』のエミシの村とタタラ場をもとにした和風の里山的風景をイメージしています。園内には、体験学習施設となる「タタラ場」や「炭焼き小屋」、休憩処などが設置予定です。

<主な施設の内容>
・映画『もののけ姫』に登場する「タタラ場」(学習施設)
・映画『もののけ姫』に登場する「炭焼き小屋」
・休憩処
・遊具等

もののけの里エリア
もののけの里エリア

©Studio Ghibli

魔女の谷

北ヨーロッパをイメージした空間には、遊戯施設、休憩・レストラン棟などが整備され、あらゆる用途に応える複合的空間となります。

<主な施設の内容>
・映画『ハウルの動く城』に登場する「ハウルの城」
・映画『ハウルの動く城』に登場する「ハッター帽子店」
・映画『魔女の宅急便』に登場する「オキノ邸」
・映画『魔女の宅急便』に登場する「グーチョキパン店」
・「魔女の家」
・レストラン棟
・遊具等

魔女の谷

北ヨーロッパをイメージした空間には、遊戯施設、休憩・レストラン棟などが整備され、あらゆる用途に応える複合的空間となります。

<主な施設の内容>
・映画『ハウルの動く城』に登場する「ハウルの城」
・映画『ハウルの動く城』に登場する「ハッター帽子店」
・映画『魔女の宅急便』に登場する「オキノ邸」
・映画『魔女の宅急便』に登場する「グーチョキパン店」
・「魔女の家」
・レストラン棟
・遊具等

魔女の谷
ハウルの城

©Studio Ghibli

スタジオジブリが初めて手掛けた観光動画
「風になって、遊ぼう。」

「ジブリパークのある愛知」の魅力が、スタジオジブリの世界観に沿って描かれた観光動画です。
ドローンによる空撮を中心とした映像を、映画監督の中川龍太郎、映像ディレクターのUssiy、音楽の岩崎太整が、愛知県を舞台に描き出しました。
≪観光動画「風になって、遊ぼう。」に登場する名古屋市のスポット≫

詳細

住所 〒480-1342
長久手市茨ケ廻間乙1533-1 愛・地球博記念公園内
エリア 名古屋近郊
営業時間 平日:10:00~17:00(※学校の長期休暇期間の平日は9:00~17:00)
土日祝:9:00~17:00
休館日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)
※学校の長期休暇期間は営業
年末年始及びメンテナンスなどの指定日
料金 ジブリの大倉庫】
平日:大人2,000円 子ども(4歳~小学生)1,000円
土日祝:大人2,500円 子ども(4歳~小学生)1,250円
青春の丘】
大人 1,000円 子ども(4歳~小学生)500円
どんどこ森】
大人1,000円 子ども(4歳~小学生)500円

「Boo-Wooチケット」(ブーウーチケット)などで販売。(詳細は決まり次第発表)
※2022年8月販売開始予定。(詳細は決まり次第発表)

※上記金額は税込。
※3歳以下は入場無料。
※平日、土・日・祝日ともすべて日時指定の予約制(入場時間のみ指定、退場時間の制限なし)。
※どんどこ森の「散策路」のみ、入場時間の指定なし(当日限り)。
※ジブリパーク指定の障害者手帳をお持ちの方と、同伴者1人までは各券種の半額料金。
ご入場の際に手帳の原本またはコピー、ミライロIDのいずれかを提示。
※別途、発券手数料(1枚につき110円)が必要。
※愛・地球博記念公園内は無料。
オープン予定日 2022年11月1日オープン
「ジブリの大倉庫」、「青春の丘」、「どんどこ森」の3エリア
2023年度オープン
「もののけの里」、「魔女の谷」の2エリア

※掲載内容は変更となる場合があります。最新の情報は公式ホームページ等にてご確認ください。

アクセスマップ

周辺情報 一緒に廻れるオススメスポット

おすすめ特集

関連リンク

go to page top

観光情報検索

キーワード検索する

ジャンル別に検索する

  • 観光スポット
  • イベント
  • 特集
  • モデルコース
  • 観光ツアー
  • お土産
  • グルメ
  • 宿泊