閉じる

  1. トップページ
  2. 観る・楽しむ
  3. 観光スポット
  4. 古川美術館・分館 爲三郎記念館

東部

古川美術館・分館 爲三郎記念館

  • 古川美術館・分館 爲三郎記念館
  • 古川美術館・分館 爲三郎記念館
  • 古川美術館・分館 爲三郎記念館
  • 古川美術館・分館 爲三郎記念館
  • 古川美術館・分館 爲三郎記念館
  • 古川美術館・分館 爲三郎記念館

数寄屋とアートのおもてなし

古川美術館は、初代館長故古川爲三郎(1890-1993)が長年にわたって収集し大切にしてきた美術品を、「私蔵することなく広く皆様に楽しんでいただきたい」という想いからその寄付を受け、平成3年11月に開館いたしました。所蔵品は、近代日本画を中心として、油彩画、陶磁器、工芸品、また、15世紀の手描き彩飾写本など、約2,800点になります。現在は、所蔵品による展示を行うとともに美術講演会、ワークショップなどの教育普及活動もいたしております。
分館の爲三郎記念館は、爲三郎没後、「みなさんの憩いの場として使っていただきたい」という遺志により、平成7年11月から私邸を公開しています。昭和9年に建てられた爲三郎記念館の母屋で数寄屋造りの「爲春亭」や庭園の茶室「知足庵」など6棟が平成30年11月に国の登録有形文化財の登録を受けました。美しい日本庭園を眺めながら邸内併設の数寄屋caféで、オリジナルや季節の和菓子と爲三郎長寿の秘訣のお抹茶、薫り高い珈琲やおぜんざい(季節限定)などのメニューを楽しむことが出来ます(別途有料)。
現在は、美術館の様々な活動とあわせて年間数回の企画展示、各種イベントなどを催しております。

Check Point!!

  • 明治に生まれ、大正、昭和、平成を駆け抜けた実業家が蒐集した、近代日本画、刀剣、茶道具、15世紀の装飾写本など2900点に及ぶ珠玉のプライベートコレクションが楽しめる!
  • 国の登録有形文化財に登録された昭和初期の数寄屋建築・分館 爲三郎記念館で、お抹茶や薫り高いコーヒーが楽しめる数寄屋caféがおすすめ。
  • 美しい日本庭園では四季折々の姿を楽しむことができ、日本文化の神髄を味わえる!
多目的トイレ 駐車場 飲食店 フリーWi-Fi トイレ クレジットカード Lactation Room

詳細

住所 〒464-0066
名古屋市千種区池下町2-50
エリア 東部
アクセス ●地下鉄東山線「覚王山」駅 1番出口より西へ徒歩5分 
●地下鉄東山線「池下」駅 1番出口より東へ徒歩3分
TEL 052-763-1991(英語での問い合わせ否)
FAX 052-763-1992(英語での問い合わせ否)
営業時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
展示替え期間、年末年始
料金 【古川美術館、分館爲三郎記念館2館入館券】
 一般1,000円 高大学生500円 中学生以下無料
【古川美術館のみ入館券(一般のみ有効)】
 一般800円
【爲三郎記念館のみ入館券(呈茶付)】
 すべての方800円
駐車場 有り(普通車24台/障がい者用駐車スペース1台含む)
備考 8名様以上の団体でご利用の場合、古川美術館と爲三郎記念館の2館入館券の割引がございます。また数寄屋caféの利用は5名様以上で前日までにご予約いただければ、お席を確保いたします。但しその場合、ご利用できるメニューは限られる場合がございます。

※掲載内容は現在と異なる場合がございます。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

アクセスマップ

キーワード

エリア >  東部

周辺情報 一緒に廻れるオススメスポット

関連リンク

go to page top

観光情報検索

キーワード検索する

ジャンル別に検索する

  • 観光スポット
  • イベント
  • 特集
  • モデルコース
  • 観光ツアー
  • お土産
  • グルメ
  • 宿泊