ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」 | 【公式】名古屋市観光情報「名古屋コンシェルジュ」

閉じる

  1. トップページ
  2. イベント
  3. ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」

栄・伏見

ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」

開催日:2021年3月20日(土・祝) ~ 6月6日(日)

※新型コロナウイルス感染症の影響により、掲載内容は変更となる場合があります。
最新の情報は、公式ホームページ等にてご確認ください。

  • ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」の画像

20世紀最高の物理学者と称される、アルバート・アインシュタイン(1879年~1955年)。ノーベル物理学賞受賞100年を記念した本展は、アインシュタインの科学理論や、日本とのつながりについて、国内外の貴重な資料やゲーム体験などを通して紹介します。子どもたちが楽しみながら学べる内容です。
また、没後に多くの個人資料の寄贈を受けたヘブライ大学(イスラエル)の特別協力を得て、アインシュタインゆかりの品も借用し、幼少時の挫折体験や晩年の平和活動など、深みのある人間性にも焦点をあてます。

イベント情報

あいち・なごやノーベル賞受賞者記念室のイメージ画像

あいち・なごやノーベル賞受賞者記念室 オープン

愛知・名古屋ゆかりのノーベル賞受賞者の業績等を分かりやすく伝え、次世代の科学技術を担う人材の育成や当地の先進性・魅力を発信する記念室をオープンします。
受賞者の研究内容等が壁一面のダイナミックな映像やタッチパネルディスプレイなどで展示されます。オープニングイベントも開催。
イベント詳細を見る

スポット情報

天文館の外観

名古屋市科学館

内径35mの世界最大級のプラネタリウムドーム「NTPぷらねっと」を備えた総合科学館。ドームの球体を強調した外観デザインに加え、マイナス30度の部屋でオーロラ映像を体験できる装置や、高さ9mの人工竜巻を体験できる装置など、エンターテイメント性豊かな四つの大型展示も設置されている。
また、太陽光発電や壁面緑化、制震構造やエレベーター構造の可視化を図るなど、建物自体が展示装置となっている。
スポット詳細を見る

詳細

日程 2021年3月20日(土・祝) ~ 6月6日(日)
休館日 毎週月曜日(※5月3日(月)は開館)、4月16日(金)、5月6日(木)、5月21日(金)
時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
開催場所 名古屋市科学館 理工館 地下2階イベントホール
料金 一般1,500円、高大生800円、小中生500円
※未就学児童は入場無料
お問い合わせ先 名古屋市科学館
TEL 052-201-4486

※掲載内容は変更となる場合があります。最新の情報は公式ホームページ等にてご確認ください。

アクセスマップ

キーワード

エリア >  栄・伏見

周辺情報 一緒に廻れるオススメスポット

関連リンク

go to page top

観光情報検索

キーワード検索する

ジャンル別に検索する

  • 観光スポット
  • イベント
  • 特集
  • モデルコース
  • 観光ツアー
  • お土産
  • グルメ
  • 宿泊